grape [グレイプ]

11月14日は超スーパームーン! 68年ぶりの巨大さ、各地の月の出時間と気になる天気

By - 日本気象協会 tenki.jp  作成:  更新:

Share Tweet LINE

2016年11月14日は1948年以来、68年ぶりに満月が地球に大接近。超スーパームーン見られたら超ラッキー。

14日は68年ぶりに巨大満月

14日は68年ぶりに巨大満月

超スーパームーン見られたら超ラッキー

あす(14日:月曜日)は満月です。

ひときわ大きく見える満月を「スーパームーン」と呼ぶのがおなじみになりつつありますが、その言葉を使うと14日(月)は「超スーパームーン」または「ウルトラスーパームーン」と呼べそうです。

※地球の周りを公転している月の軌道は楕円形であることから、地球と月との距離が刻々と変化しています。そのため、最も月が地球に近づくタイミングと満月のタイミングが重なると、ひときわ大きく見えるというわけです。ただ、「スーパームーン」というのは判断基準が定まっておらず、天文学の正式な名称ではありません。

今年(2016年)4月22日に見られた最も小さかった満月と比較すると、あす(14日:月曜日)の満月は見かけの大きさが直径で約14%、面積で約30%も大きくなるようです。

日の入り前後に東の空から月が昇ってきます。月が地球に最も近づくのは20時21分。その後、22時52分に満月となります。

【各地の月の出の時間】

  • 札幌16時22分
  • 仙台16時32分
  • 新潟16時40分
  • 東京16時40分
  • 名古屋16時53分
  • 大阪16時59分
  • 広島17時12分
  • 福岡17時22分
  • 那覇17時42分

次に今回と近い大きさのスーパームーンになるのは18年後ということで、今回もなるべく見逃さずに眺めたいところですが、スーパームーン鑑賞にはあいにくの天気という所が多いでしょう。

九州と四国は雨や雷雨でしょう。 中国地方や近畿、東海、関東甲信も夜には広い範囲で雨が降る見込みです。

北陸や東北、北海道は日中は晴れますが、夜は雲が増えて、雨の降る所もあるでしょう。 沖縄も日中は晴れますが夜は曇り空に変わりそうです。

全国的に夜空が雲に覆われる・・・・・・それでも・・・・・・、 68年ぶりの巨大な「超スーパームーン」を見ることができたら、それこそ、超ラッキーですね。

雲の切れ間から見られるチャンスに期待です!!!

logo_tenki

tenki.jp

tenki.jpは、日本気象協会が運営する天気予報専門サイトです。ピンポイントな天気予報に加え、専門的な気象情報、地震・津波などの防災情報を提供します。気象予報士が日々更新する日直予報士も人気です 
http://www.tenki.jp/

出典
スーパームーン 68年ぶりの巨大さ

Share Tweet LINE