grape [グレイプ]

眼帯を嫌がる生まれつき白内障の娘。父親の素晴しいアイデアで満面の笑みに

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:imgur

レイラちゃんは、生れつき眼球にある水晶体が混濁する先天性白内障を患っていました。早期に手術などを行い、視力の発達途上の乳幼児期に適切な刺激を与えることが重要で、健眼遮閉といって良い方の眼をアイパッチで隠し、悪い眼を使わせる訓練をする必要がありました。

レイラちゃんは、毎日2時間アイパッチをすることにストレスを感じていましたが、彼女が楽しめるようにするために、父親が彼女にイラスト入りのアイパッチを与えると喜んでつけてくれたようで、このアイデアにネット上で賞賛の声が寄せられています。

父親の愛情たっぷりのアイパッチコレクションをご覧ください。

歯が薄っすら見えているので10ヶ月前後ですかね、レイラちゃんの視力が順調に回復することを祈ります。

出典
imgur

Share Tweet LINE コメント

page
top