grape [グレイプ]

2015年1月7日「ラブジョイ彗星」最接近。8000年に1度の奇跡をお見逃しなく!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2015年に夜空を照らす最初の彗星、なんと8000年に1度の機会という彗星『ラブジョイ』が最接近です。彗星は既に肉眼で見えるほど輝きを増しており、1月7日にその輝きがピークとなります。

彗星『ラブジョイ(Lovejoy)』は、のオーストラリア人の天文学者「テリー・ラブジョイ」氏により発見された5つの彗星。今回観測できるのはそのうちの1つ、正式名称「C/2014 Q2」になります。

緑の輝きが特徴的なC/2014 Q2ですが、この緑の光りを捉えるにはカメラで長時間露光が必要となり残念ながら肉眼では確認できませんが、彗星の輝き自体は、4.2等級の輝きがあり肉眼で確認することができます。

2014年12月29日に観測されたC/2014 Q2の映像

観測のポイント

観測ポイントは、日没1時間「オリオン座の3つ星の右側」。オリオン座を形成する下の2星を結ぶ線を、2倍ほど右へ伸ばすと見つけやすいそうです。

18時48分(東京)に満月に近い明るい月が昇り、淡い光りの彗星が見えづらくなってしまうため、その前に観測がお勧めです。

1月中は北半球で観測ができるとのこと。8000年に1度の奇跡、お見逃しなく!

出典
skyandtelescope.comvimeo

Share Tweet LINE コメント

page
top