grape [グレイプ]

これは写真?なんと、色鉛筆で描かれています。リアルすぎる描写に心奪われる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

12780_01

色鉛筆画家 林亮太さんの作品が、写真と見間違うほどだと各メディアに取り上げられ、話題になっています。これから紹介する作品は、全て色鉛筆で描かれたもの。写真ではありません。

「水音 中野区新井」
水の表現が印象的な作品です。

12780_02

「古いタンクのある風景 南房総市岩井」

12780_03

「小さなつづら折り 和光市南」

12780_04

「静寂 新宿区内藤町」

12780_05

「風を感じて 川越市久保町」

12780_06

「Still Life at 12:35」
こちらは静物画。風景画とはまた違った印象を受けます。

12780_07
12780_09

こちらは人物画。林さんは「あまり得意ではない」とおっしゃっていますが、深みのある肌の質感は、色鉛筆で描かれたとは思えない深みです。

12780_08

「写真のようだ」と絶賛されることについて、林さんはこうコメントしています。

林さんの目を通して描かれているからこそ、魅力のある作品となっているのですね。

林さんは色鉛筆講座を開催しています。気になる方はぜひWebサイトやFacebookでチェックしてみてください。

HAYASHI DESIGN
http://ryota-hayashi.com/

林亮太さん Facebookページ
https://www.facebook.com/ryota884tokyosketch

※ この記事は林さんよりご許可をいただいて掲載しています。

出典
HAYASHI DESIGNFacebook@ryota884

Share Tweet LINE コメント

page
top