grape [グレイプ]

半額ポイントバック! ふるさと納税って今そんな事もできちゃうの!?

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

12810_09

加賀市のふるさと納税の受付は2015年3月4日に募集を締め切りました。

2015年2月16日から始まった確定申告期間、働いている方はもう済ませましたか?

準備万端でもう完了したよ!っという人。まだ何も準備していなくて、焦っている人。様々な方がいらっしゃると思いますが、確定申告をする人たちが今気になっている制度があります。それは「ふるさと納税」。

12810_03

なんだかお得らしいけれど、よくわからない。」という声も多く聞くこの制度。

簡単にまとめますと、「自治体へ2000円以上寄付をすると、住民税のおよそ1割程度を所得税から還付、住民税から控除するよ!」という制度です。

地方間格差や過疎などによる税収の減少に悩む自治体に対しての格差是正を推進するための新構想として、 2008年、前安倍政権のときに創設された制度です。正確には「ふるさと寄附金」と言います。

ふるさとチョイス ーより引用

ふるさと納税の特徴

特産品がもらえる!

「ふるさと納税」をすると特産品や工芸品等、各地域のお礼の品が提供されます。

生まれ故郷でなくてOK!

ふるさと納税の寄附をする先は、生まれ故郷でなくても問題ありません。

税金が控除される!

例えば4万円寄附をしても、3万8千円の税金控除されることもあります。 控除率は収入等に応じて変動しますが、税制メリットもありつつ、地域活性化に貢献できる制度となっています。

使い道を指定できる!

ふるさと納税は、日本で唯一の税金の使い道指定ができる制度です。自然を守るため、復興のため、図書館を立てるため。寄附者が感じているその地方の問題点のために寄附できる制度となっています。

複数の自治体から選べる!

複数の自治体「ふるさと」に寄附を通じて支援できます。

DMM プレスリリース ーより引用

つまり自分の好きな地域に寄付をすると、その地域からなにかしらのプレゼントがもらえるこの制度。

今では多くの自治体が参加し、各地の名産品・土地に縁のある企業の商品を提供したりと、さながらちょっとお得な通販のような立ち位置になりつつ有ります。

私も今回、初めてふるさと納税をしてみよう考えと色々と調べてみました。すると珍しい取り組みをしている自治体を見つけました。それは石川県の100万石都市、加賀です。

12810_07

出典:DMM.com

なんと加賀市に寄付をすると、様々なメディアを運営しているDMMのポイントがプレゼントされるそうです!しかも寄付金額の50%も!

12810_06

出典:DMM.com

なぜ加賀市でDMMポイントなのか調べてみるとDMMは元々加賀市が発祥地だそうで。その縁で今回加賀市と協力して今回の企画が実現したのですね。

私も普段DMMを利用していますがこれは確かにお得!DMMはこの機会に「ユーザーが増えて欲しい」という考えなのでしょうが、思い切った作戦に出ましたね。

「ふるさと納税」は確定申告をする人であれば、手間はかかりますが、ほとんどの人にとってお得な制度。

今年はあなたもふるさと納税を検討してみてはいかがでしょうか?

12810_01
出典
DMM.com

Share Tweet LINE