カクテルに細くて短めのストローを2本さす理由

カクテルに細くて短めのストローを2本さす理由【鈴木杏樹のいってらっしゃい】

お酒を飲まれる方は、ご覧になったことがあるかと思いますが、BARでカクテルをオーダーすると、細くて短めのストローが2本ささっていることがあります。

特に『フローズン・スタイル(シャーベット状)のカクテル』によく見られます。これを"二人で1つのカクテルを飲むためについて来る"と思われる方が結構いらっしゃるそうですが、実は違うそうです。

このストローは『ステアリング・ストロー』といって、主にフローズンなど、氷が溶けると水っぽくなって分離しやすいカクテルを、かき混ぜるためのストローです。

b78e09863b6fe6dc217c9f46b906724d_m(w680)

本来は"かき混ぜるためのストロー"ですが、これを使って飲んでも構わないそうです。その場合、細いストローなので、1本だと氷が詰まりやすいのでスペアの意味で2本刺してあるそうです。そのため頂く時は、2本同時に使います。

またストローを2本使って、ひとクチ飲んだ場合、クチに入るお酒の量は、グラスにクチをつけて飲んだ時とほぼ同じ位の量になるそうです。

そうは言いましても、『ステアリング・ストロー』は凄く細いので、吸い込むのに力が必要で、スマートに見えないことが多いそうです。極端に細いストローが付いて来た時、あるいは1本だけの時はステアリング(かき混ぜる)専門に使うのが良いそうです。

他にも氷を細かく砕いた『クラッシュド・アイスのカクテル』に付いてくるストローは『ドリンキング・ストロー』と言います。 『クラッシュド・アイスのカクテル』の場合、グラスにクチをつけて飲もうとすると細かい氷が邪魔になるので、このストローを使います。

(2017/4/6放送分より)

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

shovel_logo

気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」

FMラジオ・AMラジオのニッポン放送が運営。番組やイベント以外にも記事やコンテンツが満載。ラジオを聴いていなくても楽しいWebマガジンです。 ⇒http://www.1242.com/

出典
カクテルに細くて短めのストローを2本さす理由【鈴木杏樹のいってらっしゃい】

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop