病院の自販機に貼られたテープ そこ書かれていた言葉とは

※写真はイメージ

ある日、知人が入院している病院を訪れた姫にゃ(@himenya299)さん。「喉が渇いたなあ」と思い、自動販売機の元に向かいます。

しかし、自動販売機に貼ってあったテープを見た瞬間、喉の渇きは消え去ったのです…。

病院の自動販売機に貼られたテープ

目に入ったのは、何点かの飲み物のディスプレイに貼られたカラーテープ。そこには、こう書かれていました。

…えっ。

書かれていたのは、飲み物に含まれている砂糖とカリウムの量!

ここは、人工透析を扱っている病院。おそらく糖尿病を抱えている患者が多いため、注意をうながす目的で貼られているのでしょう。

ちなみにバナナには、1本で390mgのカリウムが含まれています。コーヒーもカリウムを含んでいるため、カリウム制限を受けている患者さんに向けてのメッセージなのでしょう。

なんて優しい病院なんだ…!

この投稿に対し、病院の気遣いを称賛する声が多数上がっています。

  • 手書きってところに愛を感じる。
  • これは「我慢しよう!」って思えるなあ。
  • わ、わかりやすい…!
  • 好きなドリンクはやめられないけど、がぶ飲みは控えよう…。

もちろん、こういった飲料が悪いというわけではありません。何事も『ほどほど』が大切ということです。

我慢しすぎも身体に毒ですが、むやみやたらに飲みすぎないよう注意しましょうね!


[文・構成/grape編集部]

出典
@himenya299

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop