grape [グレイプ]

光を知らないゴールデンレトリバー 障害を持つ子ども達に笑顔の花を咲かす

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:mymodernmet.com

カナダ・オンタリオ州で暮らすゴールデンレトリバーのスマイリー、彼には生まれた時から目がありません。そして、彼の幼少期はパピーミル(ブリーディング施設)での劣悪なものでした。

現在の飼い主ジョアンさんが里親となった時、周囲からは、スマイリーが幸せになることは無いと安楽死を勧められる程の酷い状態でした。スマイリーの目は窪んだ状態で、感染症に苦しんでおり、彼の目を縫い合わせる手術が必要でした。

ジョアンさんはこの子に出会った時に「共に生きよう」と決死したそうです。スマイリーの生命力を信じ、周囲の声に耳を貸さなかったジョアンさん。スマイリーのこの後の「力」を何か感じ取っていたのかもしれません。スマイリーの病状は幸いにも術後に快方へ向かいました。

12986_03

出典:mymodernmet.com

そして、現在10歳となったスマイリーは、公認セラピードッグとなり、重度の精神障害や身体障害を持つ、子どもや大人たちの心を癒し、助けてきました。

スマイリーがいるだけで、障害者たちの顔は明るくなり、行動も一変してしまうといいます。

施設暮らしを余儀なくされてきた重度の障害者、職員に一度も笑顔を見せたことがなかった患者が、スマイリーの顔を見た途端、笑顔を見せて職員を驚かせたそうです。

12986_07

また、図書館でのドッグセラピーでは、普段は1分もじっとしていることのできない自閉症の子が、スマイリーに寄り添って30分もの間、本を読んでいたことに、母親を驚かせました。

12986_05

出典:mymodernmet.com

光を知らないスマイリー。でも、常に笑顔を絶やさず、障害に苦しむ大人や子どもそしてその親達の太陽となり、笑顔の花を咲かせる存在となりました。

苦しい過去に塞ぎ込んだり、人間を嫌ったりすることなく、ジョアンさんを信じ、心から愛して、そして同じように苦しむ人たちに笑顔と愛情を送ることのできる、スマイリーの姿に自然と涙が流れます。

出典
mymodernmet.comCanada: Meet Smiley the blind therapy dog that helps children read

Share Tweet LINE コメント

page
top