grape [グレイプ]

ダウン症のチアリーダーへの『イジメ』を試合中に止めた選手たちに賞賛の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

13056_00

アメリカ・ウィスコンシン州の都市ケノーシャにあるリンカーン中学校に通うデザレー・アンドリューズさん(通称:ディー)。彼女はダウン症でありながら、チアリーダーとして活躍していました。

13056_01

しかし、ある日のバスケットボールの試合中、チアリーダーとして応援する彼女に対して、観客の生徒からひどい言葉が投げつけらました。まわりにその行為を制止する人はおらず、彼女への心ない言葉は続いていました。

13056_06

この言葉に気付いて行動を起こしたのは、審判や先生達ではなく、バスケの試合を行っていた選手たちでした。彼らは「友人に投げつけられたひどい言葉に、我慢ができなかった」と、タイムを要求し、心ない言葉を発していた相手に対して、「彼女にちょっかいを出すな!」と詰め寄ったのでした。

13056_03

彼らは、「彼女に投げかけられた言葉にとても嫌な気持ちになりました。」、「ディーへのイジメに気づき、このまま試合を続けるわけにはいかなった」、「僕らはみんな同じなのに、彼女だけが間違った扱いを受けるのは不公平だと思う」と後に語っています。

また、この試合にはディーのお父さんも観客として来ており、娘への心ない言葉にとても悲しく、傷ついていました。しかし、そんな父を抱きしめて救ったのは、ディー本人でした。

13056_05

彼女は父親に対してこう述べたのでした。

パパ、私は大丈夫よ。みんなは私のことを嫌っているかもしれないけど、私はみんなのことが大好きだから

とても優しく、そして強い心をもったディー。そして、ディーを兄妹のように守る選手たちが生んだ、とても感動的な、そして多くを考えさせられる出来事でした。勇気ある選手達の行動、そしてディーの優しさに拍手を送らずにはいられません。

この出来事に感銘を受けた中学校は、この体育館を「D's House(ディーズ・ハウス)」と命名し、彼らの勇気ある行動を讃えています。ディーは自分の名前が付いたことに素直に「嬉しい」と語っています。

出典
Basketball players defend cheerleader targeted by bullyLINCOLN MIDDLE SCHOOL CELEBRATES D'S HOUSE

Share Tweet LINE コメント

page
top