grape [グレイプ]

周囲からの配慮が必要な人のための「ヘルプマーク」知っておいて、力になりたい

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

「マタニティマーク」のように、見た目からはわかりづらい、周囲からの配慮が必要な人のためのマークがあることをご存知でしょうか。

この「ヘルプマーク」を身につけている人を見かけたら、電車で席を譲ったり、困っている様子であれば声をかけるなどの配慮をしてあげてください。

「ヘルプマーク」は2012年から東京都営地下鉄でマークの配布が開始され、優先席へのステッカー表示が始まりました。現在では都営バスや、ゆりかもめなど、各種路線への配布が拡大しています。

車内で、若い男性が優先席に座っていた。その男性の目の前に、高齢の女性が。どうして席を譲らないんだろう? 近くにいる人はどうして注意しないのだろう? そう思って近づいてみたら、「ヘルプマーク」の存在に気づき、「あっ」となったというようなエピソードを、SNSでも見かけるようになりました。

「ヘルプマーク」の対象者は、以下のように案内されています。

義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としている方

東京都福祉保健局 ーより引用

とはいえ、マークの配布にあたって障害者手帳や診断書などの提示は必要なく、代理人がもらうこともできます。そのため、悪意のあるなしにかかわらず、本来マークを必要としない人が掲示してしまうという可能性もあります。モラルのある使い方が求められます。

2015年現在、このマークの実施区域は東京都内の一部交通機関と自治体のみとなっています。東京都内に限ってではありますが、東京都が民間企業にはたらきかけ、マークの一般化を目指しているそうです。

助けを必要としている人が気持ちよく暮らせるよう、お互いが思いやれる、よりよい社会のツールとして全国に広まっていくと良いですね。

出典
東京都福祉保健局ヘルプマークPR動画

Share Tweet LINE コメント

page
top