grape [グレイプ]

飲み会で好感を得る先輩って?後輩はここを見てる!実験でわかった印象の決め手

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

13147_01

「会食の時、後輩は先輩のどこを見ている?」そんな実験が行われました。

先輩1人、後輩3人で1チーム。3チームに分かれて、実際に会食をしてもらいます。

13147_02

後輩3人は、ウェアラブルカメラと、脳波測定デバイスを装着。実験の内容は、「会食時の若者のコミュニケーションを計測する実験」と説明してあります。

13147_05
13147_04

カメラがとらえる、後輩たちの「視線」と、脳波測定デバイスが計測する「集中力」は、一体どんな結果を示すのでしょうか。

後輩たちがもっとも先輩に注目していたのは、「支払いのとき」でした。案外見られているんですね…。集中力が高い数値を示しているのは、「そのことだけを考えている」とき。後輩たちは、先輩が支払いをする様子だけを集中して考えていることがわかります。

13147_09

そして興味深いのが、この実験では3人の先輩に、現金・クラシックカード(通常のクレジットカード)・ゴールドカードの、それぞれ違う3通りの方法で支払いをしてもらったところ。

13147_03

もっとも後輩たちの視線が集まり、集中力がアップしたのは、ゴールドカードで支払いをした先輩でした。つづいて現金、クラシックカードの順。

13147_10

現金での支払いシーン。これには、「払ってもらえるのは嬉しいけれど、お金を数えているのを見ると、こんなに出させて悪いな」という気持ちもあっての集中力アップだったようです。

13147_06

クラシックカードでの支払いを見た後輩たちは、「現金よりもスマート」「出来る先輩だな」という印象を抱いたそうです。ゴールドカードに比べると数値の上では劣りますが、後輩からの印象は現金払いよりも好感がもたれたようですね。

13147_07

ゴールドカードでの支払いをする先輩に対して後輩たちは、「憧れる」「信頼できる」とコメントしています。

13147_08

支払いの時の、周りの人達の目、そしてお店からの印象を想像すると、大人の社会人ならば持ちたいゴールドカード。筆者もクラシックカードは何枚か持っているのですが、ホテルや高級なレストランなどでは、ゴールドカードで支払いをすることに憧れます。

審査基準や年会費などが気になり、ゴールドカードを作ることをためらっている方も多いのでは? 優待などの付帯サービスも充実しているのが確かなので、周囲の印象が気になりだしたら、ゴールドカードでスマートに支払いをしてみたいですね。

出典
Visa Gold LabVisa Gold Lab : The Supper ~計測された会食~

Share Tweet LINE

page
top