幼稚園の時に言った「いつか結婚しよう」 そして20年後

出典:thewaywemet

「大きくなったら結婚しようね」

幼いころ、好きな女の子や男の子にそんな言葉をいったことがある人はいませんか。

アメリカに住むマットさんとローラさん。2人の出会いは3歳の時、幼稚園でのことでした。

活発な女の子だったローラさんはマットさんに、ブランコの乗りかたや絵の描きかた、ストリングチーズの正しい食べかたなどを教えてあげたのだとか。

仲よしの2人は運動場でかくれんぼや追いかけっこをして遊び、昼寝の時間には一緒にこっそり寝ないで起きていたりしたそうです。

そんなある日のこと、マットさんは幼稚園の教室でローラさんに宣言したのです。

「いつか君と結婚するよ」

しかし数年後、マットさんとローラさんは別々の小学校に通うことになり、疎遠になってしまいます。それから7年間、2人の交流はなく、お互いの家族から届くクリスマスカードの写真で姿を見るだけだったということです。

いったんは離れた2人がまた出会う

そして2人が高校1年生の時、運命の歯車が再び回り始めます。

2人は違う高校へ通っていましたが、たまたま共通の友人がいることがわかり、再会することになったのです。

その再会からわずか2週間後、マットさんとローラさんは交際をスタート。2人の関係は順調に続き、大学進学によって別々の州に暮らすことになった時期も遠距離恋愛を乗り越えました。

2015年5月、マットさんはある決意をしました。

それは幼稚園の時にローラさんにいった約束を守ること。

彼はローラさんを「2人が初めて出会った幼稚園へ行ってみよう」と誘いました。そして20年前に誓った言葉を当時と同じ場所で、再び彼女に伝えたのです。

20年の月日を経て、約束を守った彼

ローラさんの返事はもちろんイエス!その翌年、2人は晴れて夫婦となりました。

2人のなれそめをマットさんがSNSに投稿したところ、まるで映画のようなラブストーリーがたちまち話題になりました。

3歳で運命の相手と出会うなんて、なんてロマンティックなのでしょう。マットさんとローラさん、これから先も末永くお幸せに!


[文・構成/grape編集部]

出典
Matt Grodsky

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop