grape [グレイプ]

考えれば動くハイテク義手が開発される! 認可も取得し発売される見通し

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

10338_01

アメリカ国防高等研究計画局(DARPA)は、装着者の筋肉からの電気信号を受け取り、思い通りに動かすことができるハイテク義手の開発に成功しました。またこのハイテク義手は、米国食品医薬品局(FDA)から承認を得たといい、今後、発売される可能性があるといいます。

「ルーク・アーム」と仮に名付けられているこのハイテク義手は、筋肉に接続されているセンサーで筋肉に流れる電気信号を読み取り、手を動かそうと考えるだけで実際に手を動かすことができるものです。

映像では、卵のような柔らかなものを自然な動作で摘んで移動させたり、薄い紙をしっかりとつまんで扱っている様子が確認できます。

開発には発明家のディーン・ケーメン氏が参加しており、ケーメン氏はセグウェイ等の発明でしられる発明家であり、ロボット競技会を運営する「FIRST」の創設者です。

このハイテク義手が市販されるようになれば、いままで何らかの障害で義手を付け生活していた人たちの生活が大きく変わる可能性があります。人類の想像する未来は、本当に一歩一歩実現していくんだなと感じるプロダクトですね。

10338_03
10338_03
10338_02
出典
A Breakthrough in Upper-Limb Prosthetics

Share Tweet LINE コメント

page
top