懸賞金50万円の脱走ゾウガメを無事発見! いったいどこにいたの?

岡山県玉野市にある渋川動物公園から、同園の人気動物であるアルダブラゾウガメのアブー(推定35歳)が、2017年8月1日に防犯カメラの映像で確認できたのを最後に行方不明になった。16日午前の時点では行方不明のままだったが、午後に無事捕獲された。

職員らが捜索をしているが、痕跡すら発見できないことで、同園は14日、公式サイト上で「50万円のお礼を考えています」と、懸賞金をかけたことを発表し、情報を募っていた。

移動の形跡は発見できず

アブーはアルダブラゾウガメという大型の亀のメスで、推定35歳、体長は1m、体は55kgほど。園内では自由にふれあうことが可能で、おとなしい性格もあり人気を集めていた。

行方不明のアブー(画像右側。渋川動物公園提供、Jタウンネットが一部編集)

行方不明のアブー(画像右側。渋川動物公園提供、Jタウンネットが一部編集)


Jタウンネットが8月16日午前、渋川動物公園に取材すると、担当者は「羽が生えたようだ」と、アブーの脱走について語った。

アブーは8月1日、園の入り口近くの防犯カメラに写り込んだのを最後に、行方をくらませたそうだ。昼ごろに脱走が発覚後、従業員を総動員して周辺の山を含む広い範囲を捜索したが、爪の跡やフンなど、アブーが移動した形跡はどこにも見あたらなかったという。

スタッフブログには、3日には警察に警察犬を使っての捜索依頼を出したものの、人間しか探せないために断念したことや、スタッフによる捜索が今も続いていることなどがつづられている。

その後、

「2週間探しても見つからないし、賞金を出して情報を募ろう」

という声が園内で上がり、今回の懸賞金発表へと至ったが、取材時点では未だに有力な目撃情報はないとのことだった。

その後、16日午後になって、公式サイトのお知らせ欄も更新され、「アブーみつかりました♪皆様に感謝です。ありがとうございます」と、アブー発見の一文が追記された。

夕方の情報番組「Nスタ」(TBS系)の報道によると、16日14時頃に園から100mほどの山中にたたずむアブーが発見され、発見者には園長から懸賞金が手渡されたとのことだ。

【※お知らせ】8月16日17時40分:アブー捕獲が発表されたので、記事本文と見出しを一部変更いたしました。

出典
Jタウンネット

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop