「きゃーパパ素敵!」 イケメンでありイクメンな旦那さまが誕生

『イクメン』という言葉が世に浸透している昨今。

共働き世帯や働くママが増加し、パパの育児参加も当たり前になりつつあります。

奥さんが思う「旦那さんにして欲しい育児」の中には、「子どもとパパでお出かけ」との声も多いようです。

※写真はイメージ

しかし、小さな子どもと父親が出かける時には、『ミルク』、『オムツ』、『抱っこ』など、たくさんの不安要素があります。

荷物も多くなるので、奥さんも2人を外に送り出すことにヒヤヒヤ…。

パパ&ママ140人と考えた理想のパパバッグ

パパが安心して我が子とお出かけできるバッグが誕生しました。

「パパの育児から、家族に笑顔を」をコンセプトに作られたバッグです。

開発者の男性(5歳と3歳の父)は、奥さんが病気を患い育児をしなくてはいけないという自らの経験をもとに、バッグを設計しました。

また、子育てサークルや幼稚園児のパパとママ140人にアンケートを実施。

  • 水筒を立てて入れられる留め具が欲しい
  • 抱っこ補助具としても使える機能
  • ポケットを充実させてほしい
  • 鍵などを引っかけられるフックが欲しい
  • …などなど

上記の声を反映し、開発期間1年をかけ製品化したのです。

整理整頓が苦手なパパでも安心

子どもと外に出かける時には、必要なものがたくさん。

哺乳瓶やオムツ、そして自分の荷物もあります。

必要な物を所定の位置にしまえるので、整理整頓が苦手なパパでも出し入れしやすい作りになっています。

哺乳瓶や水筒など、最大4本の容器を固定収納できる『固定収納ベルト』が付いているのが特徴です。

貴重品を入れられる内側ファスナーポケットや、鍵などを取り付けられるフック。頻繁に出し入れするスマホなどを入れる外側ポケットや、ビニール袋、絆創膏を収納できるミニポケットまで。嬉しい機能が満載!

あらゆる出来事に対応できるのです。

抱っこ補助としても使える強度

子どもは疲れたり、歩き慣れていなかったりで、すぐに「抱っこー」というものです。

そんな時に、パパを手助けしてくれます。

試験を何度も繰り返し、約70kgの重さにも耐えられるような作りに。一般的な3歳児(15kgまで)の抱っこのサポートとしても使える強度を持っています。

バッグを椅子にするように子どもを乗せても、型くずれしません。

我が子と密着しながら、目に入る位置にいて歩けるのは安心だし、嬉しいですよね。

抱っこしながら使える3WAYデザイン

バッグを身に着けたままでも両手が空くデザイン。抱っこもしやすく、自由に動くことができます。

普段は大きなバッグを持つ習慣がない人でも抵抗なく使用できるよう、小さめだけど容量を確保する工夫がされています。

ボディーバッグや、ウエストバッグ、ショルダーバッグと、状況に応じて使えてオシャレ。

気分に合わせて、普段使いもできそうです。

見た目も中身も素敵な旦那さまに

育児の負担が多いお母さん、ホッと一息つける時間が欲しいですよね。

家族のことはもちろん大事だけど、1人の時間を持つことも大事です。

  • うちはまだ育児初心者だから…
  • 子どもと2人で外に出かけて大丈夫かしら
  • あそこの旦那さんは、育児もしていてカッコいいな

育児に不慣れな旦那さんがいる人は、プレゼントしてみてはいかがでしょうか。

見た目も中身も『イケメン』で『イクメン』な旦那さまに、生まれ変わるかもしれません。


[文・構成/grape編集部]

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

新着記事

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop