F1、ハミルトンが歴代最多69回目のポール獲得 シューマッハの記録を抜く

17F1第13戦イタリアGP予選を終え、カメラに向けポーズを撮る(左から)レッドブルのダニエル・リカルド、メルセデスAMGのルイス・ハミルトン、レッドブルのマックス・フェルスタッペン(2017年9月2日撮影)。(c)AFP/ANDREJ ISAKOVIC

【AFP=時事】17F1第13戦イタリアGP(Italian Grand Prix 2017)は2日、予選が行われ、メルセデスAMG(Mercedes AMG)のルイス・ハミルトン(Lewis Hamilton)が、雨に見舞われたセッションの最終アタックでトップタイムを記録し、ミハエル・シューマッハ(Michael Schumacher)氏の記録を抜く通算最多69回目のポールポジションを獲得した。

不安定なコンディションの中、ハミルトンは忍耐、正確性、勇敢さを武器にウエットタイヤながらベストラップとなる1分33秒554を記録した。

ハミルトンは最終アタックでレッドブル(Red Bull)のマックス・フェルスタッペン(Max Verstappen)を抜き、4戦連続、モンツァ・サーキット(Monza Circuit)では通算6度目のポールを手にした。

シューマッハ氏は通算308レースで68回ポールを獲得したが、通算201レース目で新記録を達成したハミルトンは、「歴史的なサーキットで達成できた。今夜はパスタでお祝いしようと思う。69回目のポールなんて信じられない」とコメントした。

レッドブルのダニエル・リカルド(Daniel Ricciardo)が3番手に入り、以下ウィリアムズ(Williams)のルーキー、ランス・ストロール(Lance Stroll)、フォースインディア(Force India)のエステバン・オコン(Esteban Ocon)、メルセデスAMGのバルテリ・ボッタス(Valtteri Bottas)が続いた。

レッドブル勢は新しいパワーユニットを使用してグリッド降格の処分を受けたため、決勝ではストロールが2番グリッドからスタートする。

チーム70周年を迎えたフェラーリ(Ferrari)勢はキミ・ライコネン(Kimi Raikkonen)が7番手、総合争いで首位に立つセバスチャン・ベッテル(Sebastian Vettel)が8番手となったが、決勝は3列目からスタートとなる。

AFPBB News

AFPBB Newsは、世界三大通信社のひとつ、AFP通信のニュースを毎日約300枚の写真とともに配信しているサイトです。 (c)AFPBB News
http://www.afpbb.com/

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop