grape [グレイプ]

両手足に障害を持つ3歳の少女。片足を失った犬との運命的な出会い

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

”ダン中尉”と名付けられた白いジャーマンシェパード、生後2ヶ月の子犬です。映画「フォレスト・ガンプ」をご覧になったことがある方はピンと来たと思いますが、彼の名は劇中に登場し、ベトナム戦争で両足を失ってしまう「ダン中尉」に由来します。

13439_05

出典:abcnews.go.com

ジャーマンシェパードのダンは生まれながらに右前足を失っていました。ダンのブリーダーは、他のブリーダーから「安楽死をさせたほうがいい」と言われていましたが、「うちの子たちが介助犬になったように、ダンも何か特別な使命を持って生まれて来たはずだ」と懸命に里親探しを続けていました。

懸命な里親探しは、ひとりの少女が通院する病院へと届きます。病院のスタッフが患者たちにダンの写真を紹介したところ、その少女は真っ先に「彼は私の子犬よ!まるで私のようだわ!」と言いました。

この少女は、米国テネシー州に住むサファイアちゃん、3歳。ダンと同様に生まれながらに両手足に障害を持っており、1歳の時に義足を付けるために両足を切断していました。

ダンに一目惚れしてしまったサファイアちゃん。病院のスタッフはすぐにダンに会えるよう手配をしてくれました。

そしてダンとの出会い。サファイアは義足と靴下を投げ捨て、自分の足を「見て!」とダンに差し出し、自分の足とダンの足が同じであることを示したのでした。

サファイアとダンの出会いは一瞬でした。彼らは昔からの親友のようにすぐに大の仲良しとなりました。現在はテネシーの自宅でふたり仲良く暮らしているとのことです。

自身の障害に挫けず立ち上がるサファイアと、同じく3本の足で駆けるダン。ふたりにしか分からない気持ちの繋がりがあったのかもしれませんね。

運命の糸が引きあわせてくれたふたり。共に励まし合いながら成長していく姿が目に浮かびます。

 

出典

出典:greenvilleshrinershospital.org

Share Tweet LINE コメント

page
top