博多大吉、24年前の中居正広『先見の明』を語る「当時何言ってるんだろって思ってた」

11日に放送されたTBS系『Momm!!』では、これまで反響のあったトークを大公開するとして、博多華丸の博多大吉が出演した際に、24年前に初共演した時の中居正広の印象を語る場面が放送された。

博多は、24年前に中居と共演したことを振り返り「いまだに忘れないですよ。中居さんのあの言葉とか」と、中居とある会話をしたと話し始めた。

共演したロケの合間に、中居はずっと本を読んでたといい、博多が話しかけると「将来MCとかをやるなら、今のうちから本を読まないといけないと僕は思うんです。だからお二人も本読んどいた方がいいですよ」と、中居から言われたという。中居はこれに照れ笑いしながら「さっぶ」とコメント。

博多は続けて「もうちょっとセリフを細かく言うと『たけしさんもタモリさんもみんな本を読んでるんです。じゃあ僕も読まないといけませんよね』」と、当時の真面目な中居の様子をのぞかせた。

中居は「なんでだろう、なんでそんなこと言ったんだろうね」と記憶にないそぶりを見せながら「たけしさんとタモリさんは大学にいってるのよ、そういうイメージがあったの、中退してるけど。俺は高卒だからさ、だからじゃない」と当時の自身を分析した。

また博多は「凄い失礼な言い方になりますけど、この時代の空気から考えると、アイドルの方がMCやるなんて想像もつかない時代ですから」と、中居の言動に驚いた様子を見せ、「すげえなと思うのが半分と、何言ってんだろこの人って。半分ありました正直。」と話し、中居との初共演を思い返していたようだった。

この放送にTwitterでは「大吉さんのいい思い出話」「今じゃ、ジャニーズもAKBもフツーにMCしてるよなあ、と改めて、#SMAP の凄さを思い知らされた。」「大吉さんの中居くんの本の話好き」と、様々なコメントが寄せられていた。

芸人が中居に関して話す場面は過去の同番組でもあった。千原ジュニアは「凄い印象深いのは、まだ発売される前に『今回の新曲すげえいいんだよ、ウチの』って言ってたんですよ」と、中居がのちにSMAPの大ヒット曲となる『世界に一つだけの花』をべた褒めしていたと明かしていたことがあった。

logo_e-talentbank

E-TALENTBANK

インターネット・音楽に特化したマーケティング・プロモーション企画・コンサルティングを中心とした株式会社イータレントバンクのウェブサイト。 ⇒https://e-talentbank.co.jp/

出典
博多大吉、24年前の中居正広“先見の明”を明かし、思い出を語る「凄い失礼な言い方になりますけど…」

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop