今年の欧州ワイン生産量は『戦後最低』に  各国の異常気象が影響

フランス南西部ブライ近郊で収穫されたブドウ(2017年9月20日撮影、資料写真)。(c)AFP/GEORGES GOBET

【AFP=時事】欧州最大の農業生産者団体COPA-COGECAは10日、今年の欧州ワイン生産量が第2次世界大戦(World War II)以降で最低に落ち込んだと発表した。生産量の多いイタリア、フランス、スペイン、そしてドイツが異常気象に見舞われたことが影響したという。

同団体によると、2017年の欧州連合(EU)ワイン総生産量は前年比約14%減の推計1億4500万ヘクトリットルとなる見通し。イタリアの生産量は前年比26%減の4000万ヘクトリットル、フランスは前年比18%減の3700万ヘクトリットルとなった。

製品の質が高いため価格上昇が予測されるものの、気候変動に関連した干ばつや霜によるブドウ減産分の埋め合わせにはならないという。同団体幹部のティエリ・コスト(Thierry Coste)氏は記者会見で「ブドウの質は欧州全域で非常に良い見込みで、素晴らしいワインが生産されるだろう」と述べている。

AFPBB News

AFPBB Newsは、世界三大通信社のひとつ、AFP通信のニュースを毎日約300枚の写真とともに配信しているサイトです。 (c)AFPBB News
http://www.afpbb.com/

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop