【台風21号】超大型は2015年以来 速度をあげて月曜に直撃か

台風21号は今年初めて超大型に。23日(月)に本州にかなり接近・上陸の恐れ。

朝の通勤・通学時は広く大荒れの天気となり、交通機関が大きく乱れる可能性もあります。

◆台風21号の特徴

台風21号は20日(金)現在、超大型で強い勢力となっています。超大型となるのは2015年の台風23号以来で、今年初めてです。台風の大きさは強風域の半径で決まり、超大型は800キロメートル以上です。それだけ広範囲に影響が及ぶ可能性があります。

22日(日)には沖縄に接近し、23日(月)には本州にかなり接近、上陸の恐れがあります。さらに本州の南岸沿いに停滞する秋雨前線の活動が活発になり、台風の上陸前から雨が強まる恐れもあります。

台風や前線の影響で非常に激しい雨や猛烈な雨が降り、記録的な大雨となる恐れがあります。また、広い範囲で非常に激しい風が吹き、走行中のトラックが横転するような猛烈な風が吹き荒れる所もあるでしょう。大雨や暴風、高波、高潮などによる重大な災害が発生する恐れがあります。大荒れの期間は交通機関が大きく乱れる可能性もあり、交通情報にも注意が必要です。

◆各地の警戒期間

【沖縄】
21日(土)の午後は非常に激しい雨の降る所があるでしょう。22日(日)にかけて大雨となる恐れがあります。非常に強い風も吹き、荒れた天気になるでしょう。

【九州・中国・四国】
前線の活動が活発になり、21日(土)の夜から雨脚が強まるでしょう。22日(日)から23日(月)の午前中は広い範囲で活発な雨雲がかかり、大雨となる恐れがあります。暴風も吹き荒れる恐れがあり、警戒が必要です。

【近畿・東海】
22日(日)は活発な前線の影響で雨が降り、大雨となるでしょう。23日(月)の午前中は台風の接近に伴って、雨・風ともに強まり、大荒れの天気となりそうです。交通機関への影響が心配されますので、交通情報にもご注意下さい。午後は雨のピークは越えますが、風の強い状態が続くでしょう。

【関東・北陸】
前線の活動が活発になるため、22日(日)の午後から雨脚が強まるでしょう。台風が最も接近すると予想されるのは23日(月)の午前中です。台風本体の雨雲がかかり、さらに雨が強まるでしょう。暴風も吹き荒れ、大荒れの天気となる恐れがあります。23日(月)朝の通勤・通学の時間帯に交通機関に影響がでる可能性があります。交通情報にもご注意下さい。午後は雨のピークは過ぎますが、風の強い状態が続くでしょう。長い時間、交通機関への影響が続く可能性があります。

【東北】
22日(日)の午後は雨が強まるでしょう。23日(月)は台風の接近に伴い、大雨や暴風に警戒が必要です。早めの台風対策を心がけて下さい。

※なお、この情報は20日現在の資料をもとに作成しています。台風の進路によって、大荒れの期間は変わってきますので、最新の台風情報にご注意下さい。

logo_tenki

tenki.jp

tenki.jpは、日本気象協会が運営する天気予報専門サイトです。ピンポイントな天気予報に加え、専門的な気象情報、地震・津波などの防災情報を提供します。気象予報士が日々更新する日直予報士も人気です 
http://www.tenki.jp/

出典
今年初の超大型台風21号 月曜に直撃

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop