「今日まで一切の不満ももらさず」村田諒太、ミドル級世界王者になるまでの5か月間

写真提供:RIZAP

 プロボクサーの村田諒太(31)が22日、東京・両国国技館で行われた「WBA世界ミドル級タイトルマッチ」で、WBA世界ミドル級王者アッサン・エンダム選手と対戦し、7回終了TKO勝ちを収めた。日本人選手がミドル級世界王者になるのは、1995年の竹原慎二以来、22年ぶり史上2人目の快挙となる。

 村田は2012年のロンドン五輪で金メダルを獲得し、13年に五輪金メダリストとしては日本初のプロ転向を宣言。プロデビューから無敗の12連勝で、世界ランク2位に駆け上がり、今年5月に世界ランク1位のアッサン・エンダム(フランス)とWBA世界ミドル級王座決定戦に挑んだ。この時は、村田が4ラウンドにダウンを奪うなど、試合を優勢に進めていたかに見えたが、結果は2-1でエンダムの判定勝ち。この採点結果は国内のみならず、世界で議論を巻き起こした末に、エンダムの勝ちとしたジャッジ2人が資格停止処分を受け、WBAが両陣営に再戦指令を出す事態に発展。きょうのダイレクトリマッチが行われる運びとなった。

 フィジカルサポートを務めるRIZAPによると、5月にプロ初黒星を喫した後、世界タイトル獲得に失敗した村田は、きょうまで採点に一切の不満をもらさず、世界再挑戦に向けて自らを省みる日々を送ってきたという。体の強さを残しながら体重の調整を行うための科学的根拠に基づく最適な食事コントロール、完全オーダーメイドプログラムで作可動域を広げるためのトレーニングなども行い、パワーだけでなく柔軟性の強化も行い、念願の世界王者に輝いた。

 試合後のインタビューで村田は「一歩踏み込む勇気を持って今回の再戦に挑むことができました。ベルトを獲ってからが大変だと思います。より強い世界の舞台にチャレンジしていきます。“MAKE THIS OURS”みんなで作った勝利、これからもみなさんと一緒に作っていきたいと思います」と、喜びを語った。

 試合の模様は、フジテレビ系で午後7時から放送され、ネット上でも「村田諒太のミドル級タイトル獲得がどれほど凄い事か…本当に凄い快挙」「リベンジ成功!!おめでとう! 清々したわ!」「本当に素晴らしく勇気づけられるものだった」と、称賛の声。放送では、TKO勝ちする直前にCMが入るタイミングの悪さもあったが、リング上の村田がそれを知るはずもなく、「みんな好きじゃないかもしれないけど、電通さんありがとうございました。みんな好きじゃないかもしれないけど、フジテレビさんありがとうございました」と、ウィットに富んだコメントもあり、「ぶっこむねぇ村田」「中身もイケメンかよ」と、ファンの心をわしづかみにしていた。

logo-oricon

ORICON NEWS

ORICON NEWSは芸能・音楽・映画・スポーツ・社会など多種多様なジャンルのニュースや動画・ランキングなど、トレンド情報を提供する総合ニュースサイトです。 ⇒http://www.oricon.co.jp/

出典
村田諒太、WBAミドル級世界王者に「より強い世界の舞台にチャレンジする」

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop