grape [グレイプ]

2015『春ドラマ』視聴率中間報告。 現在のトップ3・ワースト3は?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2015年の春ドラマも、5月10日までに各作品がほぼ4話(一部3話または5話)までの放送を数え、おおまかな評価が定着する頃です。それぞれの視聴率は、初回は高視聴率も、2回目以降右肩下がりの作品もあれば、ほぼ横ばいのものも。そして最初から低空飛行で、早くも打ち切りの噂が出る作品もあって、なかなか興味深い推移を示しています。

各作品の視聴率がどうなっているのか気になる人のために、現時点までの毎回の視聴率と、平均視聴率をまとめてみました。

13617_06

春ドラマで特に目玉となっていたのは、木村拓哉さん主演「アイムホーム」と、堺雅人さん主演の「Dr.倫太郎」、そして佐藤健さん主演「天皇の料理番」でしょうか。この3本はやはり平均視聴率ではトップ3となっていますが、「倫太郎」だけはずっと同じ水準ですが、あとの2本は初回以降下げて、ちょっと予想外といった感じでしょうか。

一方、人気上昇中の斎藤工さん主演の「医師たちの恋愛事情」や阿部サダヲさん主演の「心がポキッとね」は予想外の苦戦。AKB48の元センター・大島優子さん主演の「ヤメゴク」と、現センター・渡辺麻友さん主演の「戦う!書店ガール」はともにワースト1、2位でかなり残念な結果となっています。最近では、平均10%を切るドラマは珍しくはありませんが、あまりに低いと最悪打ち切りもあり得るので、なんとか頑張っていただきたいものです。

さて、貴方が観られているドラマはどれぐらいの視聴率が獲れていますか?もちろん、視聴率が高いから面白いとか、低いから面白くないとは、一概には言えませんが…。 他の人がどんなふうに見ているのか?視聴率はどうしても気になってしまいますね。

出典
関西テレビ日本テレビ

Share Tweet LINE コメント

page
top