ASEANで比訪問の各国首脳、大統領からのポーズ要求に困惑するかも

ロドリゴ・ドゥテルテ大統領(右)と同じポーズで写真撮影に応じた、米ハリウッド俳優のスティーブン・セガール氏 (c)AFP/PRESIDENTIAL PHOTO DIVISION/KING RODRIGUEZ

【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領などの各国首脳は、12日からフィリピン・マニラ(Manila)で東南アジア諸国連合(ASEAN)関連の首脳会議に出席するが、開催国のロドリゴ・ドゥテルテ(Rodrigo Duterte)大統領の拳を前に出すあいさつで困った状況に追い込まれる可能性がある。

ドゥテルテ大統領は拳を胸の前に突き出すポーズを自身のトレードマークにしており、拳が目の高さになる場合もある。同大統領はフィリピンを訪問した要人や著名人との写真撮影で同じポーズを取るよう求めることが多く、これまでに中国の電子商取引大手アリババ(Alibaba、阿里巴巴)の創業者、馬雲(Jack Ma、ジャック・マー)会長や、米ハリウッド俳優のスティーブン・セガール(Steven Seagal)氏などが求めに応じた。

ただ、このジェスチャーに対しては批判があり、これまでに数千人が死亡したとされる、ドゥテルテ大統領が進める「麻薬撲滅戦争」の象徴になったとして警戒されている。またナチス・ドイツ(Nazi)の指導者アドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler)の敬礼と類似しているとの意見もある。

AFPBB News

AFPBB Newsは、世界三大通信社のひとつ、AFP通信のニュースを毎日約300枚の写真とともに配信しているサイトです。 (c)AFPBB News
http://www.afpbb.com/

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

新着記事

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop