「さとり」ってなんですか? 6人のお坊さんに直球で聞いてみた

ホウドウキョク 3 Lines Summary

  • 「さとり」とは・・・?
  • 「つながり」と「夢」
  • 日本のお寺はもったいない

今週は秋の読書週間。遠い世界のようで実は身近な物語を、様々なジャンルで紹介していきます。

今回のテーマは「さとり」。

仏教ファンの女子が6人のお坊さんに「さとりとは何か?」を尋ねたインタビュー集『教えて、お坊さん!「さとり」ってなんですか?』。著者である小出遥子さんにお話を伺いました。

B16e8434 4141 46a3 82fb 78d15ffe468c

きっかけは仏像から

ーーいつから仏教ファンになったのでしょう?

今振り返ると、高校の教科書で仏像を見た時に「綺麗だな」と思ったのがきっかけでした。その後、そのことは忘れていたのですが、大学時代に京都や奈良に行った時に「そういえば私、仏像が気になっていたんだ」と思い出して。海外でも彫刻を見たりしたのですが、既に日本に優れた美術があって、お寺に行けばそれが見れるんだと思い、よく行くようになりました。

ーー普段は、どんなお仕事をされてきたのですか?

大学卒業後、書籍の編集プロダクションで働いたのですが、仕事のできないタイプで(笑)、忙しくて、どんどん気分も落ちてしまい、結局2年ほどで辞めてしまいました。

その後、時間が出来たので全国を旅して仏像を見て回ったんですけど、その時によくお坊さんが話しかけてくれて。簡単なお話だったのですが、いい世界だな、ここで語られていることを日常で活かせるようになったら、もっと楽に生きていけるんじゃないかと思い、仏教の世界に入っていきました。

ーー仏教ライターとして活動することになったきっかけは?

実は独立したのは1年半くらい前で、それまでは司書の資格を持っていたので、図書館で働いていました。上野の東京国立博物館に資料館があるのですが、そこには仏像関係の本もたくさんあって、最後はそこに勤めていました。

司書の仕事は体力的にキツイこともなく、定時で上がれたりするので、今度は逆に力が有り余ってきたんですね。ちょうどその頃、知人の紹介でWebメディアに寄稿するお話もいただき、仏教系のライター活動を始めるようになりました。

ただ、もっと仏教家を巻き込んで、お坊さん自身の言葉を発信したいと思い、彼岸寺という仏教サイトにお坊さんに取材をする連載企画を持ち込んで、それが今回の書籍の元となりました。

074727e6 3476 44cb 9720 f34642141c96

「さとり」とは?

出典
「さとり」ってなんですか? 6人のお坊さんに直球で聞いてみた

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop