grape [グレイプ]

世界3大コーヒーの1つ!ハワイ発『コナコーヒー』がおいしい理由

Recommended by grape SHOP

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

フラダンス、ビーチ、パンケーキ

ハワイといわれて思い浮かべるものはたくさんありますよね。実は『コーヒー』の産地としても有名なことをご存知でしょうか。

ハワイ島で生産されている『コナコーヒー』は、ブルーマウンテン(ジャマイカ)キリマンジャロ(タンザニア)に並ぶ、世界3大コーヒーの1つ。

コナコーヒーは、ハワイ島にある2つの活火山のふもとで栽培されています。

気温20度前後、高度約900メートル。日差しと雲量のバランスのよい環境で育つコーヒー豆は、マイルドで飲みやすいといわれています。

そして特徴的なのは土壌。火山の恩恵を受け、ミネラルをたくさん含んでいるのだとか。これらの組み合わせが、コナコーヒー特有の味を作り上げているそうです。

その品質は高く評価されていて、ホワイトハウスの公式晩餐会でも必ずコナコーヒーがふるまわれるそうです。

希少なコナコーヒーを、自宅で手軽に

コナコーヒーは、ハワイ島西部の、全長約35キロの地区でしか栽培されていません。生産量が限られてるため、希少で価値の高いコーヒーとして知られています。

コナコーヒーを10%含んだブレンド品などもありますが、コナ本来の味を堪能することはできません。

Happy Cakesの『100% Kona Coffee』は、オアフの朝市『KCCファーマーズマーケット』のみで販売されていたもの。その人気は高く、朝市ではいまでも毎週ほぼ完売しているそうです。

その名の通り、コナコーヒーの純度が100%。コナ特有のまろやかな味を、しっかり味わうことができます。

トップクラスの高級コーヒーとして知られているHappy Cakesの『コナコーヒー』をgrape SHOPでは数量限定で、お求めやすい価格で販売しています。

では実際に淹れて、その味を確認してみましょう!

袋から出した瞬間にひろがる、やさしい香り。刺激的ではなく、とても上品な印象です。

飲みやすくてなめらかな味。コクも軽すぎず重すぎず、ちょうどいいバランスに仕上がっています。少しフルーティーさが感じられるのも、特徴の1つです。

ハワイの日差しを浴びてできた『コナコーヒー』。日ごろのコーヒータイムを、ちょっと贅沢にしてみませんか。

Happy Cakesの『コナコーヒー』は、grape SHOPでお求めいただけます。豆(Whole Bean)と挽き(Ground)の2種類をご用意しています。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE