小栗旬、『1万人の第九』で朗読 父・哲家氏のステージに「しびれました!」

 俳優の小栗旬(34)が3日、大阪城ホールで年末恒例『サントリー1万人の第九』に今年の朗読ゲストとして登場。舞台監督の父・哲家氏が演出するステージに初めて出演を果たした。

 1983年に始まり、今年35回目となった同イベントは、ベートーヴェンの「交響曲第9番」、通称「第九」を1万人が合唱するコンサートで、世界的指揮者の佐渡裕が総監督・指揮を務める。第4楽章で歌うのは全国約1万5千人の応募の中から抽選により結成された1万人の合唱団。今年も小学1年生の6歳から93歳まで、幅広い年齢層が大阪城ホールに集まった。

 小栗は第2部で「第九」の原詩であるシラーの「歓喜に寄せて」を翻訳した「よろこびのうた」を力強く朗読。「すべての人は兄弟になる」という第九に込められた人類愛のメッセージを会場に集まった人々へと届けた。その後、小栗の熱い思いを引き継ぎ、佐渡のタクトでオーケストラと1万人の合唱が第九のメロディーを響かせた。

 佐渡からドイツ語の意味など細かい指導を受けて朗読に臨んだという小栗。ステージを終えて「素晴らしかったです。とてつもないエネルギーでした。みなさんがここに向かってきた成果が出てました。しびれました! 少しでも詩の意味を届けていられたら幸いです」と息を弾ませた。父との“初共演”については「やはりこういうコンサートは家族がやってきたことなので、とても偉大な仕事をしているんだなと改めて思いました」と尊敬の眼差しを向けていた。

 この日の公演ではそのほか、第1部でロックバンド・くるりがジョン・レノン&オノ・ヨーコの名曲「HAPPY XMAS(WAR IS OVER)」を披露。バイオリニスト・服部百音(18)はエルンストの「<夏の名残りのバラ>による変奏曲」を演奏した。

 コンサートの模様は同23日、午後2時からMBS・TBS・CBC・HBC・RKBの5局ネットで放送される。

logo-oricon

ORICON NEWS

ORICON NEWSは芸能・音楽・映画・スポーツ・社会など多種多様なジャンルのニュースや動画・ランキングなど、トレンド情報を提供する総合ニュースサイトです。 ⇒http://www.oricon.co.jp/

出典
小栗旬、父・哲家氏のステージに初出演 『1万人の第九』で朗読「しびれました!」

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

新着記事

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop