grape [グレイプ]

最後のベーゴマ工場が閉鎖 すると小学生から100円玉と手紙が届いた

By - ニッポン放送  作成:  更新:

Share Tweet LINE

日本で唯一ベーゴマを製造する鋳造所の社長のストーリー

毎週土曜日朝8時から放送しているニッポン放送『八木亜希子LOVE&MELODY』。

10時からは『10時のグッとストーリー』として、番組が取材した「聴いて思わずグッとくるGOODな話」を毎週お届けしています。

今回は、昔懐かしい『ベーゴマ』の製造を、日本で唯一手掛け、消滅の危機から救った鋳物工場社長の、グッとストーリーです。

キューポラ 日三鋳造所

こちらがキューポラと日本で唯一のベーゴマ製造会社『日三鋳造所』です

吉永小百合さん主演の映画『キューポラのある街』の舞台になり、鋳物の街として有名な、埼玉県・川口市。かつては、街のあちこちに煙突が立ち並び、キューポラという円筒形の溶解炉で、職人さんが鉄を溶かして、鍋・釜などの日用品から機械部品まであらゆる鋳物製品を作っていました。

そんな川口の街で生まれ育ち、自分も鋳物の道に入ったのが、川口市で『日三鋳造所(にっさん・ちゅうぞうじょ)』を営む、辻井俊一郎(つじい・しゅんいちろう)さん・70歳です。

辻井俊一郎 ベーゴマ

ベーゴマを日本に残してくださった辻井俊一郎さん 横には色とりどりのベーゴマが!

「昔の川口は、背の高い煙突だらけで、昼でも空が暗かったですよ。鉄を運ぶポンポン船が川を行き交ってね…」と懐かしそうに語る辻井さん。

映画が撮影された1960年代、川口市にはおよそ600軒以上の鋳物工場がありましたが、交通の便がいいこともあって急速に宅地化が進み、臭いやほこり、騒音が出る鋳物工場は、住民の苦情で相次いで閉鎖。マンションや大型店舗に姿を変え、川口駅周辺でいまも操業を続けている工場は、わずか数軒になってしまいました。

「映画のころの面影は、全くなくなってしまいましたねえ…うちも頑張って、鋳物製造を続けていたんですが、時代の波には逆らえなくなって、19年前に工場を閉めました」

実家が鋳物工場だった辻井さんは、大学卒業後、鋳物職人の道へ。名古屋の工場で修業したあと、1972年、叔父さんが社長を務める日三鋳造所に入社しました。会社が主に請け負っていたのは、機械部品の製造でしたが、新人の辻井さんが最初に任された仕事は、なんと『ベーゴマ作り』。

ベーゴマ 野球選手

野球選手名のベーゴマ 「王」「巨人」「高田」「小山」などラインアップが多彩ですね

終戦直後から1960年代にかけて、子どもたちの遊び道具の代表だった「ベーゴマ」。昔は鋳物職人が本業の合間に作っていました。辻井さんも子どものころ、夢中になって遊びましたが、70年代に入ると、遊び道具も豊富になり、ベーゴマ遊びはすでに下火になっていました。

「ベーゴマは、簡単に作れそうに見えますが、意外と手間がかかるし、技術も必要です。でも単価が安いので、100万個売っても儲けにならない。割に合わない商品なんです(笑)」。

ベーゴマ ライオンズ

こちらはライオンズのベーゴマ 重厚感があります

一度は消えたベーゴマの灯。すると全国から手紙が…。

出典
日本で唯一ベーゴマを製造する鋳造所の社長のストーリー

Share Tweet LINE