grape [グレイプ]

チャンピオンが大会失格になった理由に感動!優勝ではない勝利を掴む

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:YouTube

13767_01

出典:YouTube

車椅子で砂浜から海を見つめるのは、Nicolas Gallegos(ニコラス・ガレゴス)。

18歳のとき事故で下半身麻痺になって以来、「波に乗る」という夢を20年間抱き続けていました。

13767_02b

出典:YouTube

そんな彼に声をかけたのは、Martin Passeri(マーティン・パセリ)。

アルゼンチンのサーフィン大会で5度の優勝を収めた英雄で、憧れの存在。

この日も大会のため海に来ていました。

そして試合中にニコラスに言います。

「一緒に波に乗ろう」

13767_04

出典:YouTube

マーティンはニコラスと彼の夢を背負って海へ…

13767_05

出典:YouTube

2人で掴んだ「勝利」をご覧ください。

確かにニコラスは波に乗りました。

13767_06

出典:YouTube

波しぶきを感じ、

13767_07

出典:YouTube

乗り終わったあと、仲間と喜びを分かち合う経験もしました。

13767_08

出典:YouTube

本当に嬉しそうな表情です。

13767_09

出典:YouTube

マーティンも充実感に満ちています。

13767_10

出典:YouTube

今回の挑戦は、アルゼンティーナサーフチャンピオンシップ大会中に行われたもの。

出会いは偶然でしたが、ニコラスの強い想いが2人を引き合わせてくれたのかもしれません。

マーティンはトロフィーではなく、ニコラスの夢を叶えることを決断しました。

大会失格になった試合後、このように語っています。

“The truth is that I didn't loose.I believe that was the best wave,and the biggest triumph of my life.”

「私は”負けた”わけではない。あれは最高の波だったと信じているし、自分の人生で最も価値のある勝利です。」

YouTube ーより引用

大会だからこそ見せられる景色、声援、歓声があった。

マーティンが本物のチャンピオンであることが、「優勝」ではない形で証明されました。

彼を目指していた多くのサーファー達も、その姿を見て、トップに立つ人間の器を感じたことでしょう。

13767_11

出典:YouTube

自分の為ではなく、人の為に行動できる勇気に大きな拍手を送りたいです!

※技術・自信・責任があったチャンピオンだからこそ為し得た挑戦です。安易に真似をしないよう気をつけて下さい。

出典
#Surfology - SURFING LIFE - Una historia, Martín Passeri y Nicolás Gallegos - Gravedad Zero TV

Share Tweet LINE コメント

page
top