「十二支の漢字は、動物と関係ないの!?」 今年の干支『戌』の意味

毎週月~金曜日 朝7:37から『高嶋ひでたけのあさラジ!』内にて放送している『鈴木杏樹のいってらっしゃい』。

鈴木杏樹さんが毎週異なるテーマの楽しい話題で『いってらっしゃい』とあなたを見送ります。

この週は『十二支』についてお送りしました。

『戌年』の『戌』という漢字は、私達が日頃目にしている『犬』という字とは違います。これは『犬』だけでなく、十二支の全ての漢字が本来の動物を表す漢字とは違っています。

これは本来の字では分かりにくいこともあって、馴染みのある動物の漢字を、十二支にあてはめているからです。そのため『十二支の漢字』は動物とは、全く関係がありません。

十二支の漢字は“植物の様子”を表していて、最初の『子(ね)』は“種の中に、新しい命が萌え始めた状態”。最後の『亥(い)』は“草や木の生命力が、種の中に閉じ込められた状態”を表しています。

昨年の干支、『酉年(とりどし)』の『酉』という漢字は“作物が完全に熟した状態”を表していますが、これはすなわち”収穫出来る状態”でもあります。

そして、『戌年』の『戌』は“作物を収穫した後の状態”と考えられています。実際、この『戌』という漢字は“作物を刃物で刈り取って、ひとまとめに締めくくる”ということを表しています。“収穫した作物を蓄えて、守っている状態”とも言えます。

そんなところから「『守る』とか『安全』を象徴する!」とも言われているそうです。昨年の『酉年』で収穫した、築き上げた実績や信頼をしっかりと守っていくことで、さらに飛躍する年でもあるそうです。

(2018/1/1放送分より)

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

毎週月~金曜日 朝7:37~ AM1242 FM93 ニッポン放送ほか全国ネット『高嶋ひでたけのあさラジ!』内にて放送中。
鈴木杏樹のいってらっしゃい 公式サイト

出典
十二支の漢字は動物とは関係ない? 今年の『戌』の意味

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop