「どんな料理にも使えそう!」 じわじわキテる最新のグッズを試したところ?

料理のちょっとした味付けや、美しい飾り付けに、あると嬉しい『ハーブ』。

※写真はイメージ

細かく刻んだハーブを料理にパッとふりかけるだけで、見た目は色鮮やかになり、上品な味わいを楽しむことができますよね。

ですが、使うたびにハーブを包丁で細かく刻むのは面倒。1回の調理で使うハーブは少量なため、すべて使い切れず、ダメにしてしまうこともあります。

そんな悩みを解決する、便利なキッチングッズをご紹介します!

ハーブ用フレッシュミル

新鮮なハーブを、冷凍庫で保存できるキッチングッズ『フレッシュミル』。

採れたての風味を、数か月間そのままの状態で保存することが可能です。

また、必要な時にすぐさまハーブを細かく刻むことができる、優れものな一面もあります。

使いかたは、とっても簡単。ただ、容器の中にお好みのハーブを入れ、フタをするだけ。

私はスイートバジルを使って、試してみました!

容器に入る量は、最大40gです。葉の部分をつぶさないよう、そうっと入れます。

そのまま冷凍庫で5時間凍らせたら、完成です。

キャップを外し、ミル底を回すと…この通り!細かく刻まれたハーブをふりかけることができました。

ミルは食材を細かく砕き、ふりかけやペースト状のものを作るキッチングッズ。

一般的なものならば、食材の出てくる『おろし器部分』に刻まれた葉が詰まってしまい、洗うことが大変な場合もあります。

しかしフレッシュミルは、冷凍されて乾燥した状態のハーブが出てくるため、『おろし器部分』に葉が詰まる心配がありません。

また、すべての部品が食器洗浄機で洗えます。お掃除するのもラクですね。

こちらのフレッシュミルには、フタの上部に挟んで使用できる、6種類の『クリップラベル』が付いています。

これならばパッと見ただけで、中身が分かりますね!

スープやハンバーグ、パスタなど、さまざまな料理のちょっとしたアクセントに使えるハーブ用フレッシュミル。

我が家のキッチンに並ぶ、新しい顔ぶれに1つ、いかがですか。


[文・構成/grape編集部]

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop