grape [グレイプ]

「大雪に対する緊急発表」で国交省が警戒呼びかけ。関東でも大雪の予想

By - ホウドウキョク  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

東京23区でも積雪のおそれ(画像は2014年)

ホウドウキョク 3 Lines Summary

  • 22日は関東甲信や東北を中心に大雪の予想。
  • 国交省が「大雪に対する緊急発表」を行なった。
  • 2014年には1600台が立ち往生したので、警戒が必要。

関東甲信と東北で30cm予想

本州の南岸を通過する低気圧の影響で、22日は関東甲信や東北を中心に大雪となり、東京23区でも雪が積もるおそれがある。

東京・渋谷は22日午前6時現在、まだ雨や雪は降っていないが、東京23区でも、午後は次第に雪が降り始める予想だ。

23日朝にかけて予想される降雪量は、多いところで、関東甲信と東北で30cm、中国、近畿、東海、北陸で20cmなどとなっている。東京23区でもまとまった雪が降り、5cmの降雪が予想されている。

関東は、夕方の帰宅時間と大雪のピークが重なるため、交通機関の乱れに十分な注意が必要だ。

また、23日朝は冷え込みが強まるため、路面の凍結にも注意が必要となる。

大雪の予想を受け、国土交通省は「大雪に対する緊急発表」を行った。大雪による車の立ち往生への警戒のほか、不要不急の外出を控え、やむを得ず運転する場合には、早めにチェーンを装着することを呼びかけている。

4dabf158 0059 414b 9dbf 1a4ad34de0fa

国土交通省による緊急発表

【大雪に対する国土交通省緊急発表 平成30年1月21日 緊急発表】

■関東甲信地方や東北地方では、明日22日昼頃から23日朝にかけて、太平洋側を中心に広い範囲で雪が降り、東京23区など、普段雪の少ない平野部を含めて大雪となるおそれがあります。
■大雪による立ち往生等に警戒が必要です。
■不要不急の外出は控えるとともに、やむを得ず運転する場合には、チェーンの早めの装着等をお願いします。
■大雪が予想される地方整備局においては、道路交通の確保ができる対応を24時間体制で行う予定です。

緊急発表の中で、国土交通省は「過去の大雪における被災事例」として、2014年2月13日から15日にかけての大雪を挙げている。

6fd6d963 1b82 4375 89a1 e7a3e6cd5268

国交省の発表資料より

その際は、普段雪が降らない地域の記録的大雪によって、車両の立ち往生が約1600台にのぼった。大規模な立ち往生が発生したきっかけは、高速道路や国道でノーマルタイヤの車両が立ち往生したことだった。この立ち往生は、最長で4日間解消せず、人流・物流に大きな影響を与えた。

国土交通省では、道路交通の確保のため、道路情報の提供や、大規模な立ち往生が発生する前の早い段階の通行止め、集中的な除雪作業などをするとしている。

そのほか、電線や架線、樹木への着雪、なだれなどにも注意を呼びかけている。

logo_hodoukyoku

ホウドウキョク

ホウドウキョクは、「考えるヒント」として使ってほしいニュースメディアです。テキスト記事、ライブ配信、動画、VRなどを組み合わせて、「ニュース」と「ニュースの捉え方」をお伝えします。 
https://www.houdoukyoku.jp/

出典
「大雪に対する緊急発表」で国交省が警戒呼びかけ。関東でも大雪の予想

Share Tweet LINE コメント

page
top