映画評論家が選ぶ、受験生が決して観てはいけない映画3選

1月17日放送のニッポン放送『土屋礼央 レオなるど』に、ホラー作家そして映画評論家でもある平山夢明さんが出演。

『受験生が決して観てはいけない映画』として3作品を紹介しました。

作家活動する前は『デルモンテ平山』というペンネームで映画やビデオの評論をしていた平山さん。

なぜこんな変わったペンネームになったかというと、名前に悩んでいたころに寄った御茶ノ水駅の看板に『デルモンテ』と貼ってあり命名したそうです。

偉くなったら『ベンツ平山』になるという出世魚的な名前にしようと考えて、2回目には『リプトン平山』にしたら「記名原稿は変えちゃダメなんだよ!」と怒られてそのままになってしまったとか。

そんなデルモンテ平山のオススメする(?)受験生が決して観てはいけない映画がこちら!

ペーパー・チェイス

アメリカ・ハーバードの大学生が成績を上げるために勉強合戦する洋画。自分のしていることを画面で再現されるので、受験生にとってはまったく息抜きにならない作品です。

映画は、学力優位社会で経済格差がそのまま人生の進路を決めてしまっていいのかというメッセージが込められている秀作だそうです。

高校大パニック

キャッチコピーは「数学できんが、なんで悪いとや!」。石井岳龍(改名前・石井聰亙)監督の自主制作映画があまりにユニークだったので日活がリメイクしたという、当時の夢のような映画。浅野温子さんのデビュー作でもあるそうです。

内容は、頭の悪い生徒が教室をジャックする話。受験生が観てしまうとその日の夜、風呂場で「何が悪いんだ!」と叫んでしまうような内容だそうです。

シャイニング

かの有名なスタンリー・キューブリック監督の名作。モダンホラーはここから生まれたといわれていて、モンスターが出てくるわけではなく、人間が狂っていくホラー映画。

作家が作品を書けずにどんどん追い詰められていく。かっこいい映画だが、受験生は同じように心理的に追い込まれないように…。


すべての作品が受験生以外にはオススメの作品。受験生じゃない人はぜひご覧ください!

デルモンテ平山の映画トークの続きは、下の画像をクリックして、radikoからお聴きください!

※画像をクリックしても再生されない人はこちら。

※ 2018年1月25日 午前5時までお聴きいただけます。
※ ニッポン放送radikoは関東地方でのみ視聴可能です。そのほかの地域の人はエリアフリーをご契約いただくと視聴が可能です。

土屋礼央 レオなるど

毎週月~木曜日 午後1:00~4:00 AM1242 FM93 ニッポン放送にて放送! 午後の空いた時間にちょっと集まって無駄話ができる公園のような場所。それが…「土屋礼央 レオなるど」です。
土屋礼央 レオなるど 公式サイト

出典
受験生が決して観てはいけない映画とは?

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop