grape [グレイプ] lifestyle

ペットや子どもの車内放置は絶対にやめて!獣医さん自ら実験した結果に驚愕!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

13866_00

暑くなってくるとニュースで見かけるようになるのが「熱中症」ですね。なかでも、車内に置き去りにされた子供やペットが犠牲になるというケースも少なくありません。

「ほんの少しの間だけなら大丈夫」と思ってしまう方へ、ぜひ見ていただきたい実験結果があります。

ペットの車内放置に警鐘を鳴らすべく、アメリカのアーニー・ウォード獣医師が駐車している自動車内の気温がどのように変化するかの実験を行いました。

13866_01

出典:YouTube

実験は駐車場に駐車している1台の自動車内。車内にペットがいることを想定し、車内4ヵ所の窓の上部を少しだけ開けた状態で行われました。クーラー及びエンジンは停止しています。

13866_02

出典:YouTube

実験開始時点の屋外の気温は35℃(95F)、車内の温度は34.4℃(94F)です。

13866_03

そして5分後。温度はあっという間に約37.7℃(100F)になってしまいました。

13866_04

出典:YouTube

13866_05

出典:YouTube

10分後には40℃(104F)、そして15分後には43℃(110F)になったのです。

13866_07

出典:YouTube

窓を4ヵ所も開けていますし、外はそれなりに風も吹いています。それでも車内の温度はぐんぐん上がっていきます。

13866_06

出典:YouTube

ウォード医師も汗びっしょりでかなり疲労しているのが伺えます。

13866_08

出典:YouTube

そこからさらに実験を続け、30分後には47.2℃(117F)になってしまいました。

13866_09

出典:YouTube

この実験の様子はYouTubeで公開されています。

日本とアメリカでは気候上多少の違いはありますが、ほんの15分で10℃も温度が上がってしまうという結果には驚きです。体力のある成人男性でもかなり疲労するような環境で、体力の少ないペットや子供がどうなってしまうのかは明白です。

また、日本でもJAFが炎天下で自動車内の温度がどのくらい高くなるのか?という実験を行った動画を公開しています。この動画ではWBGTと言われる熱中症指数(熱さ指数)を測定していますが、やはりエアコン停止から15分で危険レベルに達していました。

13866_10

出典:YouTube

これからどんどん暑くなってきます。子供やペットの車内放置は、例えわずかな時間でも絶対にやめてください!

※各実験は安全に配慮した上で行っています。危険ですので絶対に真似をしないでください。

出典
How Hot Does it Get in a Parked Car Dr Ernie Ward炎天下の車内温度、対策はできる?【JAFユーザーテスト】

Share Tweet LINE コメント

page
top