grape [グレイプ]

痛かったね 山火事で手足に大やけどを負ったクマ 画期的な治療法で元気に

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

出典:The California Department of Fish and Wildlife

2017年12月、アメリカのカリフォルニア州南部で大規模な山火事が発生しました。もっとも被害が大きかったのが『トーマス・ファイアー』と呼ばれる火災です。

この火災では、多くの野生動物も被害に遭いました。

カリフォルニア州魚類野生生物局(以下CDFW)は、手足に重度の火傷を負っていた2頭のメスのクマを保護します。おそらく、火の手から逃れようとする際に負った傷でしょう。

やけどをしたクマに施した『画期的な治療法』

獣医のチームはクマたちに画期的な治療を試みます。それは『魚の皮を包帯代わりにする』こと。

クマの手足に特製の火傷治療用の軟膏を塗り、淡水魚のティラピアの皮を殺菌消毒したものを、包帯の代わりに直接縫い付けたのです。

さらにクマたちには痛みを軽減するための鍼療法や、雑菌を殺すためのレーザー療法も行われました。

出典:The California Department of Fish and Wildlife

クマたちは数週間の安静が必要でした。そして超音波検査の結果、1頭のクマのお腹に赤ちゃんがいることが分かったのです。

治療後、クマたちは安全な森へ

「このクマは妊娠している。できるだけ早く山に帰してあげなければ」

そう思った獣医のチームは傷が癒えるのを待ちました。そして2頭を森へ帰す日がやってきます。

CDFWのスタッフは森の奥にクマが安全に過ごせるよう巣穴を作り、その中に鎮静剤で眠らせたクマをそっと寝かせてあげました。目覚めた時には新しい森での生活が始まります。

クマたちにはGPSが付けられており、森の中に設置されたカメラによって今後の様子を見守っていくということです。

山火事によって災難に見舞われた野生のクマたち。きっとこの火傷はとても痛かったことでしょう。クマたちがこれからは安全な森の中で穏やかに暮らしていけることを願います。


[文・構成/grape編集部]

出典
The California Department of Fish and WildlifeThomas Fire Bears – Innovative Burn Treatment Enables Return to the Wild

Share Tweet LINE