grape [グレイプ]

「これは役立つ!」 厚さわずか1.5cmの防災グッズに驚きの声

Recommended by grape SHOP

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

東日本大震災や熊本地震など、数年置きに日本を襲う震災。備えとして、防災グッズを用意する人が年々増えてきています。

非常食や水などと一緒に、防災グッズに必ず入れられているのが、非常用のライト。さまざまな種類がありますが、明るいライトは大きかったり、重たかったりと、かさばることが多いようです。

防災グッズはできるだけスッキリと保存しておきたい…そんな時に便利なのが、折り紙のように畳めてコンパクトな『solar puff(ソーラーパフ)』。

十分な明るさでキャンプや日常生活にも使える、便利な太陽電池式LEDエコライトをご紹介します。

防水仕様でアウトドアでも活躍

『ソーラーパフ』の特徴は、なんといってもそのコンパクトさにあります。

折りたたんだ状態なら、厚みはなんと1.5cm!重量はわずか75gという、超軽量なライトです。

使わない時はちょっとした隙間に保存。上下のベルトを引っ張って、サイコロ型にすればすぐに使うことができます。

裏がわについているソーラーパネルに太陽光を約8時間当てることで、最大で12時間の使用が可能。繰り返し500回も充電することができます。

糸を織り込んだ素材を使用しているため、広がる光は柔らかく、そう簡単には破れない丈夫さも持っています。

さらに防水仕様なので、室内だけでなくアウトドアでも活躍させることができそうです。

夜桜を見る時に使ったり、ベッド用のライトに使ったりと、幅広いシーンで役立ちます。

LEDの色は2種類。白くハッキリとした電色の『クールブライト』と、太陽の日差しのような暖かな『ウォームライト』があります。

明るさは2段階で調整でき、点滅させることも可能。落ち着いた部屋の雰囲気に、明るさを合わせることもできます。

すでに使っている人たちからは、このようなコメントが上がっていました。

・眩しすぎない落ち着いた光で、テントの中でも机の上でも使いやすかった。

・収納スペースがいらないので、すっきりと収納ができてよい。

・アウトドアで使うには特に問題なし。震災時にもあるとよさそう。

非常用、アウトドア用、日常用と、どんなシーンでも使える『ソーラーパフ』。

使わない時は薄く畳めて電池も必要ないので、1つでも家に置いておくと、いざという時の安心感が違いますよ!

※防水タイプですが、水中には沈めないでください。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE