grape [グレイプ]

頭が重い二日酔い… すぐに効く対処法を教えて!

By - メトロポリターナ  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

『働くオンナの救Q箱』

二日酔い、もう怖くない!

つい飲みすぎてしまった翌日の朝は、頭も身体も重く、不快感でいっぱい…。予防策や対処法を知って、二日酔いの不安を解消!

Q1 なぜ二日酔いになるの?

A.
ひと言でいうと、アルコールの過剰摂取が原因です。飲み過ぎにより体内でアルコールの分解処理が追いつかず、毒性の強い「アセトアルデヒド」や、アルコールそのものが身体のなかに溜まってしまうことが主な原因にあげられます。

また、アルコールの利尿作用で身体が脱水状態になることや、アルコールの刺激による胃の炎症が関係することも。それらの要素が複合的に起因し、頭痛や吐き気、胸焼けといった、二日酔いの症状が起こるのです。

Q2 すぐに効く対処法を教えて!

A.
まずは水分をとることが一番重要です。水やジュース、お茶、味噌汁など、なんでも構いませんが、特におすすめしたいのは体内への吸収が速いスポーツドリンク。

少量の塩分が含まれているため、真水よりも刺激が少なく、胃にも優しいので二日酔いには最適です。もしそれでも頭痛や吐き気、胃もたれ等の症状がつづく場合は、頭痛薬や胃薬、漢方薬などの医薬品を摂取するとよいでしょう。

Q3 二日酔いになりやすい人に特徴はあるの?

A.
遺伝による体質の違いで、アルコールを分解する酵素の力には個人差があります。お酒に強い人・弱い人というのは、その力の強さが関係しており、酵素の力が弱いと比較的お酒に弱く、二日酔いになりやすいといえるでしょう。

また、身体の栄養バランスが悪い状態だと、お酒の害が出やすくなることもあります。普段の食生活に偏りがある人は、お酒を飲む前に栄養サプリメントをとるのも効果的です。

Q4 二日酔いを未然に防ぐには?

A.
ポイントは、最初に胃の中に固形物を入れておくことです。なかでも消化の遅い揚げ物がおすすめ。胃の動きをおさえることで、胃から腸へとアルコールが流れる速度や吸収がゆるやかになり、悪酔いを防ぐことができます。

また、飲酒の合い間や就寝前に水分をたくさん摂取することも大事。脱水症状を予防し、体内のアルコール濃度を薄める効果があります。

Q5 つい飲み過ぎてしまうのはなぜ?

A.
飲酒中はアルコールの作用により、いわば麻酔状態ともいえます。そのため、「今日は飲み過ぎないようにしよう」と思っても、飲んでいるうちに飲酒量をコントロールできなくなってしまうのです。よくチャンポンをすると二日酔いになりやすいといわれますが、お酒の飲み合わせが原因ではなく、飽きずにいろいろな味が楽しめるので、つい飲み過ぎてしまうことが原因です。

飲み過ぎを避けるには、なるべく飲むペースを遅くし、理性を保てる時間を長くすることが大切。自分にとっての適量を把握し、節度を守って飲みましょう。

監修
浅部 伸一 先生
自治医科大学附属さいたま医療センター 消化器内科
https://www.jichi.ac.jp/center

メトロと街のマガジン メトロポリターナ

メトロポリターナは毎月10日発行。東京メトロ駅構内の専用ラックで期間限定(10日間)で配布されている情報満載のフリーペーパーです。
http://metropolitana.tokyo/

Share Tweet LINE コメント

page
top