grape [グレイプ]

広瀬すず×野村周平×新田真剣佑の3人が、特別な作品『ちはやふる -結び-』を語る

By - iLIP  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

人気コミックを実写化し、大ヒットを記録した青春映画『ちはやふる -上の句-・-下の句-』から2年を経て公開される続編『ちはやふる -結び-』。競技かるたに打ち込む千早たちも高校3年生に。高校最後の大会に向けて動き出した千早、太一、新田を演じたのは、もちろん広瀬すず野村周平新田真剣佑の3人。

本シリーズで「仲間を得た」と声をそろえる3人に、本作の魅力から、それぞれが影響を受けた人まで、話を聞いた。

左から:野村周平、広瀬すず、新田真剣佑

『ちはやふる』の仲間は、とても心強い存在

――「下の句」の公開初日に続編が発表されたときには、広瀬さんが嬉しくて泣き崩れるなど、出演者のみなさんが、本当に喜んでいました姿が印象的でした。3人が、『ちはやふる』というシリーズを通じて得たものは?

広瀬:役以外のところ、それこそ普通に相談ごとができるような人たちに出会えました。そういう人たちって自分の支えになる。その存在はすごく心強いなと思っていて。この作品以前はなかったとかじゃないんですけど、当時は東京に出てきて、お仕事をはじめてからそんなに経っていなかったこともあって、すごく心強いものができました。

野村:やっぱり仲間、じゃないですかね? みんな普通に、好きなことを言い合える仲間たちというか。バカなことをやっても許されるし、お互いに分かってあげられる人を見つけられたたかなって。キャストだけじゃなくスタッフの方も含めて、そういう仲間かなと思います。

新田:僕は日本に来たときから、ずっとみんなと一緒にいるので。ちょうど4年。だから兄弟みたいな感じで。本当にみんなと共に成長できて嬉しかったですし、すずに関しては4作品一緒にやってます。なんか、一緒にいすぎ?

広瀬:あはは。

野村:俺とは全然ないの。NG出してるでしょ(笑)?

広瀬:あははは。

新田:僕は『ちはやふる』が自分の俳優としてのスタートラインだと思っています。

かるたの歌は、誰かのことを重ね合わせられる

――みなさんが考える競技かるたの魅力を教えてください。

広瀬:この人たちのために頑張ろうとか、この人たちがいるから頑張ろうとか思える存在に、自分たちは役を超えて実際になれていたと思います。それから、歌の札の意味に共感したり。自分と重ね合わせられるものがいっぱいあると思います。奏ちゃん(上白石萌音)のセリフを聞いていても、歌の話をしているんだけど、でもこれって誰のことを重ねて言っているのかなと考えたり。それってこの映画のなかにいる人たちだけじゃなくて、映画を観る人たちでも、それぞれに思ってもらえる部分だと思います。あとは、畳の上の格闘技とも言われるので、単純に試合とか、おもしろいです。

野村:僕は最初はそこまでかるたを楽しいと感じられなかったんですが、今回、ちょっと楽しいかもって思ったんです。現実にいるかはわかりませんが、周防さん(賀来賢人)みたいに、最強な人もいるのなら楽しいかもなって。しかもちょっと意地悪なかるたをするんですよね。俺、そういうの大好きで(笑)。相手を苦しめて、あえて相手に取らせて窮地に追い込んでいくみたいな。割とひとりで集中してやるところに魅力を感じたというか。今回、大人なかるたを感じましたね。

新田:僕は個人的に、かるたの魅力に惹かれて競技かるたのことも好きになったので、魅力はたくさんあるんですけど。『上の句』『下の句』のときは、個人戦でやっていて、今回『結び』では団体戦で戦うというのが、新にとっての新しい挑戦だったので、それが楽しかったし、嬉しかったです。

合同練習での新田真剣佑はスパルタ?

――続編に入るときも、かるたの合同練習をしてからクランクインされたとか。

野村:順番でローテーションして試合をしていくんですけど、「やばい、次、マッケンだ!」って思ったことしか覚えてないです(笑)。最強とやらなきゃいけない!っていう。マッケン強すぎるんですよ。あのときは、札を4枚とか置いてやったよね。
新田:1字決まりとか、2字決まりとか。
野村:あとは、新メンバーがかるたやってるところを見て、「あ、やってるな」って思ったり。でももう事前に特訓をやってたみたいで、新メンバーも形は出来ていましたね。
広瀬:もう良くできてたよね。

広瀬:あはは。
野村:みんなでやるってこんな感じだったっていうのを、合同練習で思い出しましたね。

――やっぱりひとりで練習しているのとは、全然感覚が違いますか?

野村:ひとりでフローリングを叩いているときの空しさを知らないでしょ(笑)。

広瀬:私、知ってる!

野村:畳もなく、ひとりでフローリングでやっている空しさ。無くなったかるたを探している瞬間とかね。家でやると1時間くらいしか続かない。

広瀬:1時間、続くんだ。最低(笑)。

野村:音声が出るアプリとかでやってたよ。

広瀬:私も映画の合間とかにひとりでやってたので、休憩も全然息抜きにならなかったです。あとは、今回は詩暢ちゃん(松岡茉優)の静かなかるたを意識しないといけなかったので、フォームも変えて練習して。合同練習に入ったら、やっぱり気持ちも全然違うし、「始まるな」って思いました。

新田:僕は新メンバーの仕上がり具合に驚きました。2年前の自分を見ているような。藤岡東のメンバーが、常に札を持ち歩いていて。見ていて嬉しかったです。

――野村さんは新田さんと当たるのが嫌だと言っていましたが。

野村:だって、俺の前に来てニヤニヤしてるんですよ。潰してやるぞ!くらいのオーラ出して。俺としては、1枚取れたらいいかなと思ってました。

――新田さんは、全員をつぶすぞくらいの勢いだったんですか?

新田:僕としては、目標を作ってあげたほうがいいかと思ってました。
広瀬:あはは。
新田:周平もそうだし、藤岡東のメンバーも、みんなA級という設定なので、今のままじゃだめだよと。

3人が役者として影響を受けた人って?

――『結び』では、いろんな人がいろんな人から影響を受ける様も描かれます。それぞれに、ご自身が影響を受けた人は?

野村:僕は趣味が多いので、各趣味でいますね。かっこいいなと思った人がいたからこそ、そうした趣味を始めたので。俳優で言うなら……。僕が俳優を続けるバイブスは窪塚洋介さんとか、長瀬智也さんです。あの人たちがいるから、自分もやっていこうと思えたというか。ふたりとも、好きなものがちゃんとあって、その上でお芝居もしている。僕も趣味が多いし、好きなものがちゃんとあるから、好きなものがしっかりある人が好きなんです。

広瀬:女性としてとか女優さんとして感じたのは、『海街diary』で共演したお姉ちゃんたち(綾瀬はるか長澤まさみ夏帆)です。ただお芝居とかが一番変わったのは『怒り』という作品の李相日監督です。お芝居の感覚とか、考えとかが全部変わりました。なんとなくいま世間的にも人に怒れない感じってありますけど、李監督は人の前だろうがなんだろうが、「おままごとみたいだ」って言うくらい、結構きつくて。いまだに夢に出てくるくらい。でもそれがあったから、危機感をすごく覚えて。言われたほうが気づくし、改めて自分のことを客観的に見られた。だから元気をもらいにとか、何かをもらいにと思って行くのは李さんのところです。

新田:僕は影響を受けた人とかってあまりいないんですけど、目標にしている方々は浅野忠信さんや真田広之さんです。国境を越えて仕事をできている。アメリカに関わらず。その方々に追いついて、追い越そうという気持ちですね。頑張ります。

『ちはやふる』の魅力。そして、この3人だったからこそ

――『ちはやふる』はコミック原作ものとして、ファンにも受け入れられました。どんなところが実写版の魅力だと感じていますか?

広瀬:自分たちがこの映画を好き。それってすごく大きいなって思うんです。この作品を通してもらうものが多かったし、それが映像に映っているなって。その、自分たちのなかで生まれたリアルなものが届いている。役柄を超えてこんな関係性になったのは初めてだし、それが伝わっているのかなって思います。

野村:キャッチーですしね。それからタイミングもよかったんだと思いますよ。『結び』がどう受けいれられるかは、まだ分からないですが、運よくこのキャストたちが集まってやれたから良かったんだと思います。

新田:『ちはやふる』は、ちゃんと人と人との感情のぶつかり合いだったり、何かに向かってみんなで力を合わせて頑張る姿、熱い姿を本当にうまく描いていて、それがいろんな人の心に突き刺さっていると思います。

――この3人で、千早、太一、新をやれたことは特別でしたか?

広瀬:幼なじみって距離が近いじゃないですか。だから、どこか、男の人と女の人って見えたくなかったんです。兄弟感のような温度があったらいいなと思っていて。このふたりじゃなかったら、距離が生まれていたと思います。

野村:正直、演じることは誰とでもできるんですよ。でも、最初に、「なんかちょっと似てるね」みたいなところがあったから、上手くいったのかなって。最初は気を使い合ったりもしてたんですけど、それが打ち解けてきて。やっぱり、同じ人間なんだねって。
広瀬:あはは。

新田:僕もこのふたりでよかったです。すんなり入れました。ほかの人は考えられないですね。千早は広瀬すずだし、太一は野村周平だし、誰も変わりはいないです。

映画『ちはやふる -結び-』3/17公開
http://chihayafuru-movie.com/#/boards/musubi

TEXT:望月ふみ
ヘアメイク:
広瀬すず/菅野綾香
野村周平/NORI
新田真剣佑/粕谷ゆーすけ(ADDICT CASE)

サイン入りチェキプレゼント企画♪

以下応募概要をお読みいただき、奮ってご応募ください♪
応募方法は下記の2ステップ。締め切りは 2018年3月31日 23時59分まで。
当選者の方々には Twitter のダイレクトメッセージでご連絡しますので、お楽しみに!

<応募条件>
【1】iLIP Twitter(@iLIP_JP)をフォロー
※本記事を Twitter で拡散頂いた方は、当選確率が上がるかも!?
※既にフォローしているユーザーも対象
【2】プレゼント応募フォームにアクセスして、必要事項を入力して応募
https://goo.gl/forms/yY1sXjK5ISN5Llbs1

<応募期間>
締め切り:2018年3月31日 23時59分
当選の発表は、Twitter のダイレクトメッセージをもって代えさせて頂きます。
<注意事項>
※応募はひとり1回のみ、複数応募は無効です。
※2018年3月31日 23時59分の時点で応募条件を満たした方の中から抽選を行います

shovel_logo

iLIP アイリップ

映画・音楽・舞台などジャンルにとらわれず、『エンタメ好き女子』へニュースやインタビューをお届け。ジャンルにとらわれず厳選した魅力あるエンタメ・俳優・アーティストとの出会いをお届けします! ⇒https://ilip.jp/

出典
広瀬すず×野村周平×新田真剣佑の3人が、特別な作品となった『ちはやふる -結び-』を語る

Share Tweet LINE コメント

page
top