grape [グレイプ]

たった1人のサーファーが、大銀行を動かした…!その理由に考えさせられる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

13992_04

出典:YouTube

6月に入り、そろそろ梅雨の季節となりますが…梅雨があければ、もう夏です!

夏といえば、マリンスポーツを始めとする海のレジャーが楽しみな季節ですよね。一年じゅう海に入っているサーファーの皆さんも、やっぱり夏は気分が上がるのではないでしょうか。

彼が知った衝撃の事実

プロサーファーの一人、Kyle Theirmannさんは18歳の時にある活動を始めたそうです。

13992_05

出典:Facebook

ある時、カイラさんは南米のチリに遠征に出かけます。そこには素晴らしい波があり、人々は親切で、風景は美しく、彼はすぐにその場所が好きになりました。

しかし…素晴らしいスポットのすぐ近くには、石炭を使った発電所ができる計画が進められていたのです。

13992_02

出典:YouTube

石炭の発電所が稼動すれば、空気も海も汚染され、大量の魚たちが死ぬことになります。そうなってしまえば、その地域に暮らす人たちの生活も危機にさらされてしまう!

彼は、どうにかしてこの危機を回避できないかと考え始めます。

たった1人から始まった奇跡

住民も歓迎していないのに、いったい誰が、こんな計画を進めているのか…そう思ったカイラさんは、まずプラント建設計画の資金源を調べました。アメリカの大銀行がそうだと分かると、その事実を周知させるために尽力し始めました。

「今すぐバンク・オブ・アメリカから預金を引き出して、あなたの住んでいる地域の銀行にお金を移してください!」

メッセージを伝える動画を撮影し、公開しています。

最初は、サーファー仲間だけでした。けれど、サーファーからサーファーへ、そしてサーフィン用品などの企業が動き始め、約3年の間に、なんと340ミリオンドル(約421億円)もの金額をバンク・オブ・アメリカから引き出すことに成功しました。

それだけのお金が動けば、プラント建設計画も中止せざるをえなくなったようで、カイラさんの目的は達成されたのです。

彼は、この活動を機に環境問題に取り組む団体を設立。「Surfing For Change」では、今も世界中の海をきれいにしようと、活動を続けています。

13992_00

出典:YouTube

この写真と、冒頭の写真は、バリ島で撮影されたものだそうです。ゴミだらけの海でのサーフィンなんて…やりたくはないものです。コツコツと海を掃除していくこと、事実を知ってもらうことで、美しい海を取り戻そうと、努力を続けています。

ヒューマンスケールの重要性

「ヒューマンスケール」という言葉をご存知でしょうか。主に建築業界や人間工学において使われる言葉で、

物の持ちやすさ、道具の使いやすさ、住宅の住みやすさなど、その物自体の大きさや人と空間との関係を、人間の身体や体の一部分の大きさを尺度にして考えること。人間の感覚や動きに適合した、適切な空間の規模や物の大きさのこと。身体尺度。

コトバンク ーより引用

つまり、その人の身の丈にあったもの・生活を大切にしていこう、という考え方です。

カイラさんが意図していたかは分かりませんが、ヒューマンスケールの考えかたに従い、コツコツと出来る一歩を積み重ねていくことで、大きな力を動かすことに成功しました。

私たちも、日々小さなことに気をつけていけば、大きな何かを変えられるのかも知れませんね。

出典
Surfing For ChangeSurfing For Change FacebookTEDxSantaCruz: Kyle Thiermann - Surfing For ChangeSurfing For Change: Claim Your Change (2008)Surfing For Change: Indonesia Trash Tubes 

Share Tweet LINE コメント

page
top