grape [グレイプ]

世界が認めた『夢の旅行先』 栃木で撮影された藤の写真に息をのむ

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

毎年春になると開催される、栃木県足利市にある『あしかがフラワーパーク』の『ふじのはな物語〜大藤まつり〜』(以下、大藤まつり)。

350本以上の藤が咲き誇る園内は息をのむほど美しく、CNNの『世界の夢の旅行先10ヶ所』に日本では唯一、選ばれたこともありました。

そんな、世界を魅了した『あしかがフラワーパーク』の藤を早速ご覧ください。

藤の色により、咲く順番が違う

藤の色の、うす紅、紫、白、黄色の順番で約1か月間楽しめるという『大藤まつり』。見ごろを迎えるのが早い順に、ご紹介していきます。

うす紅藤

例年見ごろ:4月中旬〜4月下旬ごろ

大藤(紫)

例年見ごろ:4月下旬〜5月上旬ごろ

白藤

例年見ごろ:5月上旬ごろ

きばな藤(黄)

例年見ごろ:5月上旬〜5月中旬ごろ

観測史上最も早い開花日

『あしかがフラワーパーク』を運営する株式会社足利フラワーリゾートによると、2018年は非常に暖かい日が続いたため、例年よりも10日早く藤は開花を迎えたとのことです。

そのため、元々4月18日に予定していた『大藤まつり 2018』の開催日を急遽変更。2018年は、4月14日〜5月20日に開催することにしたそうです。

なお、『大藤まつり』の見所は藤だけではありません。

4月中旬〜5月上旬に見ごろを迎える5千株以上のツツジも、藤に負けず劣らずの美しさ。

春の『あしかがフラワーパーク』は、まさに桃源郷のような美しさ。騒がしい日常から離れ、藤が咲き誇る美しい園内を散策してみてはいかがですか。

ふじのはな物語〜大藤まつり 2018〜

開催期間:4月14日(土)〜5月20日(日)
開催場所:あしかがフラワーパーク


[文・構成/grape編集部]

出典
株式会社足利フラワーリゾート

Share Tweet LINE コメント

page
top