grape [グレイプ]

交通機関に乱れも 大雨・強風に注意・警戒

By - 日本気象協会 tenki.jp  作成:  更新:

Share Tweet LINE

メイン画像

15日、「春の嵐」は東日本や北日本へ。東海や関東では雨や風が強まり、交通機関には遅れなどの影響が出ています。雨がやんでも引き続き沿岸部を中心に強風や高波に注意・警戒してください。あす16日は全国的に穏やかに晴れる所が多いでしょう。

【15日】交通機関に乱れも

15日、「春の嵐」の範囲は東日本や北日本へと移ってきました。朝には静岡県を中心に1時間に30ミリ以上の激しい雨が降りました。風も沿岸部中心に強まっていて、東京都江戸川区や横浜など関東の沿岸部でも瞬間的に27メートルくらいの今年一番の強い風が吹いてます。既に鉄道ではこの強風や大雨で、遅れなどの影響が出ている路線があります(午前9時現在)。まだしばらく風の強い状態が続きますので、お出かけを予定されている方は、鉄道など交通機関からの最新の情報をご確認ください。関東や東海は昼頃には雨はやむでしょう。東北は昼過ぎまで雨の降る所が多い見込みです。夜遅くには雪の降る所がありそうです。北海道は午前中を中心に雨や雪が降るでしょう。夜は山沿いを中心に雪の降る所がありそうです。西日本は午後は次第に晴れ間の出る所が多くなりそうです。沿岸部を中心に、引き続き、強風や高波に注意・警戒が必要です。またこれまでの雨で地盤が緩んでいる所もあります。土砂災害にも警戒してください。

【16日】ポカポカ穏やかな晴天

画像B

16日は次第に西から移動性高気圧に覆われますが、北海道や東北の日本海側と北陸は寒気の影響を受けるでしょう。北海道は明け方まで雪でふぶく所もありそうです。東北の日本海側や北陸では明け方を中心に雨や雪の所があるでしょう。昼頃には次第に晴れてくる所が多い見込みです。関東から九州、沖縄は日中は大体晴れて、たっぷりの日差しが戻るでしょう。最高気温は関東から九州は20度くらいの所が多い見込みです。風も次第におさまる所が多く、ぽかぽか陽気となりそうです。この週末で溜まってしまった洗濯物も、外の日差しでしっかり乾かせるでしょう。

logo_tenki

tenki.jp

tenki.jpは、日本気象協会が運営する天気予報専門サイトです。ピンポイントな天気予報に加え、専門的な気象情報、地震・津波などの防災情報を提供します。気象予報士が日々更新する日直予報士も人気です 
http://www.tenki.jp/

出典
交通機関に乱れも 大雨・強風に注意・警戒

Share Tweet LINE