grape [グレイプ]

シリアに発射されたミサイル100発超、「かなりの数」は撃墜 ロシア

By - AFPBB News  作成:  更新:

Share Tweet LINE

地中海の仏軍の艦船からシリアの標的に向けて発射される巡航ミサイル。仏国防省の映像音声記録制作部門ECPAD公開(2018年4月13~14日撮影)。(c)AFP/ECPAD

【AFP=時事】ロシア国防省は14日、米国とその同盟国はシリアに向けて巡航ミサイルなどを100発以上を発射したが、そのうちの「かなりの数」はシリアの防空システムによって撃墜されたと発表した。

国営ロシア通信(RIA)によると、同国国防省は「米英仏は海と空からシリアの軍事および民間目標に対し巡航ミサイルや空対地ミサイル100発以上を発射した」が「かなりの数」はシリアの防空システムによって撃墜されたと述べた。

また、首都ダマスカス近郊の飛行場に対して発射された巡航ミサイル12発は全て、シリアの防空システムによって撃墜されたという。

さらに同通信は、「今回のミサイル迎撃において、シリア領内に配備されたロシアの防空システムは使用されなかった」と述べている。

同通信はこれに先立ち、ロシアの防空システムが防衛するシリア西部フメイミム(Hmeimim)の空軍基地やタルトス(Tartus)の海軍施設の周辺範囲に対しては、欧米の空爆はなかったと伝えていた。

ロシア軍によると、ミサイルは紅海(Red Sea)の米軍の艦船や地中海上空の戦術航空機、シリア南東部タンフ(Al-Tanf)にある基地を離陸した戦略爆撃機から発射されたという。

AFPBB News

AFPBB Newsは、世界三大通信社のひとつ、AFP通信のニュースを毎日約300枚の写真とともに配信しているサイトです。 (c)AFPBB News
http://www.afpbb.com/

Share Tweet LINE