grape [グレイプ]

麒麟・川島明 番組スタッフからの扱いを『愛人』と分析!?

By - E-TALENTBANK  作成:  更新:

Share Tweet LINE

麒麟 川島明

10日に放送されたテレビ朝日系「アメトーーク!」に出演した麒麟の川島明が、自身の芸能界での立ち位置を分析した。

番組では、“(仮)バラシ芸人”として、番組出演を仮押さえされた後、他の出演者の決定により押さえられたスケジュールがキャンセルされてしまうことがよくある芸人が集合し、トークを展開した。

番組MCの雨上がり決死隊・蛍原徹はその芸人たちを「急にキャンセルされる補欠」だと紹介し笑いを誘った。

そんな中、仮押さえのイメージがないと言われた川島は「今日、1時間前に入ってますけど、その間に1個バラされましたから」と話し、「楽屋入って靴脱ぐ前に『すいません。ちょっとあの、番組なんですけど、バラシになりました』って」と収録が始まる前に1つの出演がなくなったと明かした。

そして、自身について「都合の良い芸人」だと話し、「いろんな番組に対応したい、いろんなお笑いに対応したいと思って」と様々なジャンルの仕事ができるように頑張ってきたが、それが仇となり仮押さえされることが多いと分析した。

川島は「芸人というか、ホンマ愛人です、私は」「電話1つですぐ飛んでくる。でも呼ばれたら嬉しいから行っちゃう」と例え、共演者は笑い声をあげた。

logo_e-talentbank

E-TALENTBANK

インターネット・音楽に特化したマーケティング・プロモーション企画・コンサルティングを中心とした株式会社イータレントバンクのウェブサイト。
 ⇒https://e-talentbank.co.jp/

出典
麒麟・川島 番組スタッフからの扱いを「愛人」と分析

Share Tweet LINE