grape [グレイプ]

『セクシーすぎる』ジャズピアニスト・高木里代子 初の動画出演

By - ORICON NEWS  作成:  更新:

Share Tweet LINE

高木里代子がBlu-ray&DVD『Rose Dream』(イーネットフロンティア)をアピール(C)Deview

 ジャズピアニストの高木里代子が、初のイメージBlu-ray&DVD『Rose Dream』(イーネットフロンティア)の発売記念イベントを13日、東京・秋葉原で行った。

 ソロアルバムをリリースし、大型ジャズフェスにも出演するジャズピアニストとして活動中の“エロ過ぎるジャズピアニスト”の初イメージ作品。「普段からライブでセクシーな衣装を着たり、コスプレで演奏を配信したりしているので、今回お話をいただいて」と出演を決意。

 グラビア撮影の経験はあるものの、動画の出演は初めてとあって「写真と違ってカラダのいろんな部分が気になったり。演奏とも違う見られ方をするので意識しました」と、戸惑ったようだが、「日を重ねるごとに楽しくなっていきました」と、満足げな笑顔を見せた。

 作品は物語仕立てになっていて、演じたのは「都内で活動するジャズピアニストの高木里代子」というそのまま本人役。ある時、曲作りに行き詰った高木が気分転換に海外に旅行。現地である人に恋をして、紆余曲折あって、恋の力で新曲を書き上げるという展開に。

 「この作品のために、実際にテーマ曲とBGMを作りました」と、アーティストの本領を発揮して臨んだ作品だけに、自己採点は「甘めで120点」。実は、冒頭の演奏シーンは、実際に高木が3年前にピアノを弾いていたジャズクラブで撮影。「実際に店長もよく知っている方なので、気まずくて。撮影している間は外に出てもらっていました(笑)」と裏話を明かしてくれた。

logo-oricon

ORICON NEWS

ORICON NEWSは芸能・音楽・映画・スポーツ・社会など多種多様なジャンルのニュースや動画・ランキングなど、トレンド情報を提供する総合ニュースサイトです。 ⇒http://www.oricon.co.jp/

出典
ジャズピアニスト・高木里代子、初イメージ テーマ曲も自作するグラビアとアーティストの二刀流

Share Tweet LINE