grape [グレイプ]

「この占いサイト、当たってる!」 口コミをネットで検索してみると…

By - 吉元 由美  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

吉元由美の『ひと・もの・こと』

作詞家でもあり、エッセイストでもある吉元由美さんが、日常に関わる『ひと・もの・こと』を徒然なるままに連載。

たまたま出会った人のちょっとした言動から親友のエピソード、取材などの途中で出会った気になる物から愛用品、そして日常話から気になる時事ニュースなど…さまざまな『ひと・もの・こと』に関するトピックを吉元流でお届けします。

運にもストレスが溜まる〜占いサイトのお導き

「せっかく上昇していくはずの運気が停滞しているために、思ったように上がっていかないのです」

殺し文句というのは、鍵と鍵穴のようなものです。なんとなくインターネットの広告を開き、占いサイトの無料診断をやって見たら、こんな結果のメールが帰ってきました。

「…それは、例えるなら血液がさらさらと流れていかないことと似ています」
「血液のよどみは、病気を引き起こしますよね」

しばらく血液検査をしていないことを思い出し、焦ります。

「運の流れも、それと同じです。」

確かに。21歳から算命学を参考にしてきたので、この感じはよく分かります。人生、山あり谷ありいろいろあります。大難を小難に、小難を無難にするように占星術は時に『転ばぬ先の杖』になります。

「今回、なぜ占いサイトにご登録されましたか?きっと人生で気になっていることや不安もあるでしょう。そのほかにも人にいえない相談など何かしらあるからだと思います」

その言葉は導きの水路のごとく、人の心を誘導します。このサイトでは次のステップは無料で、その次から有料になるというシステムでした。

「いま、あなたの運にはストレスが溜まっています。運のストレスを解消して、あなたの本来の上昇運に乗りましょう」

運にストレスが溜まる! この言葉に、私は(なるほど、そういうことはあるかもしれない)と納得しました。例えば、いい運気があるにも関わらずだらだらとしていれば、その運を使うことはできません。波に乗り損ねてしまう。そのような積み重ねが『運のストレス』となるわけです。

自分にも思い当たるところがあったからなのか、このサイトの占術はなかなか精度が高いかもしれないと、一瞬そんな思いが頭をかすめました。

遊び心であっても、生年月日を入力したということは、知りたい『何か』があったということ。数々の占いの結果というセールストーク、殺し文句は、まさに心の隙間に刺さるKey wordです。何か、指針がほしくなる時はあるものです。

そこで、このサイトの口コミを検索してみたのです。すると、私に届いた同じ文章が出てくる、出てくる…。生年月日とは関係なく、同じ文言のメールが自動的に送信されたものだったのでしょう。

インターネットの占いサイトを運営している友人によると、鑑定結果の中に「いかに物語を作るか」ということがもっとも重要なことだそうです。もちろん、生年月日から割り出される鑑定から逸脱することはないのですが、見せ方、伝え方に工夫を重ねるのだそうです。そこにはやはり占いを覗きたくなる人間の心理をくすぐる物語が必要になるわけです。

しかしながら「運にストレスが溜まっている」という切り口はなかなか鋭い殺し文句です。この言葉に出会えたことは収穫でした。運にストレスを溜めないように、日々精進です。


[文・構成/吉元由美]

吉元由美

作詞家、作家。作詞家生活30年で1000曲の詞を書く。これまでに杏里、田原俊彦、松田聖子、中山美穂、山本達彦、石丸幹二加山雄三など多くのアーティストの作品を手掛ける。平原綾香の『Jupiter』はミリオンヒットとなる。現在は「魂が喜ぶように生きよう」をテーマに、「吉元由美のLIFE ARTIST ACADEMY」プロジェクトを発信。
吉元由美オフィシャルサイト
吉元由美Facebookページ
単行本「大人の結婚」

Share Tweet LINE コメント

page
top