grape [グレイプ] trend

郵便ポストに捨てられた子猫に訪れた偶然の数々。幸せになった姿に胸が熱くなる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

13220_00

出典:YouTube

2015年3月、ミシガン州の小さな田舎町に1匹の仔猫が、郵便ポストに捨てられました。まだ冬が空けないこの季節…。日が暮れると気温が氷点下になるほどの寒さです。

13220_01

出典:pixabay

1つめの偶然

この田舎町に住むデビー・マッキニーさんは、郵便ポストを確認しに外をでていました。その時、「ニャー」と鳴き声を聞いたのです。まわりを見わたしても猫の姿はありませんでした。でもまた、「ニャー、ニャー」と、猫の鳴き声を聞いたのです。

気になったデビーさんは、耳をすまして、鳴き声が聞こえる郵便ポストのとびらを開きました。そこには小さい、白黒の子猫が震えながらうずくまっていました。

13220_03

出典:YouTube

デビーさんはあまりもの衝撃に、その子猫を抱えて思わず涙があふれてきたそうです。「見て見ぬふりなんてできるはずがない」そう思ったデビーさんは、弱った子猫をケアしてくれそうなところを手当たり次第連絡しました。

そしてようやく、インディアナ州にある捨て猫を助ける団体と連絡がつき、弱った子猫を引き取りました。

2つめの偶然

ダンさんとミリーさんはインディアナ州に住むご夫婦。ふたりは大変つらい思いをしたばかりでした。それは、17年間付き添った白黒の猫、T.J.が不治の病におちいり、お別れを強いられたからです。

13220_04

出典:YouTube

「こんなにつらい別れが待っているなら、もう2度と猫は飼わない。」そう心に決めたダンさん…。でも月日がたっても元気の出ないダンさんを見たミリーさんは、「あなたには新しいお友達が必要だと思う」と言いました。

そこでふたりは、新たに家に迎え入れる猫を探しました。そして巡りあったのは、あの郵便ポストの子猫を助けた団体だったのです。

子猫をひと目見たダンさんはすぐさま「この子がほしい。あずかっていいですか?」と言いました。それは、その子猫が、今は亡きT.J.ととても似ていたからだそうです。

3つめの偶然

ダンさんは、子猫がどこで見つかったのかを聞きました。「郵便ポスト」と聞き、ダンさんは驚きました。それは、ダンさんは定年する2001年まで31年間、郵便配達人として勤めてきたからです。あまりもの偶然に、ダンさんはもうこの子猫を連れてかえるしかありませんでした。

13220_06

出典:YouTube

ダンさんに「ミミ」の名付けられた子猫は、まだ目が感染していてケアが必要なものの、徐々に元気になってきているそうです。

13220_07

出典:YouTube

偶然が重なりあった運命的な出会い…。ミミの幸せを心から祈っています。

出典
This kitten was found in a mailbox and delivered to the perfect homeMailbox Kitten

Share Tweet LINE コメント

page
top