grape [グレイプ]

立ち入り禁止を歩くドキドキ感。観光では見られない軍艦島を3DCGで体感!!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

14236_01

海底炭鉱によって栄え、最盛期には約5,000人以上の住民が暮らしていた長崎県長崎市にある端島、通称「軍艦島」。

1974年(昭和49年)の炭鉱閉山後、人が減り現在は無人島と化しています。しかし、歴史ある島が丸ごと美しい廃墟であるため、年間数万人にのぼる観光客が訪れるほどの観光スポットとなっています。

また、世界遺産への登録を目指していますが、崩壊の危険性などがあるため、立ち入ることができるのは島のほんの一部です。

14236_02

出典:YouTube

ワクワクするほど高精細

無人島と化し、崩壊が進む建物を保存管理するために、長崎大学の研究チームが市から委託を受け、3DCGマップを制作しました。

ドローンを使って2万8千枚もの空撮、約145か所でのレーザー計測など、大規模な調査だったようです。

建物内は撮影されていないようなのですが、外観の再現度は物凄いの一言。

本物

3DCG

14236_04

出典:YouTube

建物の汚れやひびガラスの割れあとなど、息をのむリアルさに、まるでそこを歩いているかのような感覚に陥りますよ。

今回調査したデータは、保存や整備以外にも観光や映像作品などにも転用していくとのこと。

近い将来、軍艦島の3DCGマップを自由に動かして、立ち入れない場所を探検することもできるかもしれませんね。

軍艦島の実際の写真や詳しい歴史は、こちらの記事をご覧ください。

出典
軍艦島3D 軍艦島アーカイブス

Share Tweet LINE コメント

page
top