grape [グレイプ]

日本人が勘違いしている『ハーレム』の正しい意味

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

日本人が勘違いしている「ハーレム」の正しい意味

タレントのフィフィがニッポン放送「土屋礼央 レオなるど」(6月19日放送)に出演し、イスラム文化について語った。

フィフィは、先日、「日本人に知ってほしいイスラムのこと」(祥伝社)を出版。全世界の約4分の1がイスラム教徒だと言われる今、改めてイスラム教について知ってほしいという。

土屋礼央:
こうやってグローバルな世界になっても、イスラムの方への変な偏見はまだあるだろうなと思う。だから、この本を読むことで(解決してほしい)。僕、一夫多妻制でみんなもめないのかなと思って。不倫もない。これ、やっかみとかないんですか。

フィフィ:
今、実践している国に対しては私たち(古くから一夫多妻制のある国)からも「ん?」って思うんです。一夫多妻制は理由があってやっているから。今、やっている人はハーレム状態。この「ハーレム」っていうのは(アラビア語の)「ハラーム」が語源になっていて、許されるもの「ハラール」の反対で「許されないもの」(を指す言葉)なんですよ。作っちゃいけないものなんです。

土屋:
なるほど。(一夫多妻制をやっているのは)そういう意味じゃないんだ。

フィフィは、古くから一夫多妻制を取り入れているイスラムの国は、禁止されているハラーム=ハーレムという概念ではなく、あくまで理由があってやっているのだと語り、イスラムに対する誤解が少なくなっていくことを願った。

土屋礼央 レオなるど

毎週月~木曜日 午後1:00~4:00 AM1242 FM93 ニッポン放送にて放送! 午後の空いた時間にちょっと集まって無駄話ができる公園のような場所。それが…「土屋礼央 レオなるど」です。
土屋礼央 レオなるど 公式サイト

出典
日本人が勘違いしている「ハーレム」の正しい意味

Share Tweet LINE コメント

page
top