grape [グレイプ]

屋根付きにすべり台まで?!最近の家庭用こどもプールの進化がハンパない!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

13721_main3

子ども用のプールといえば、どんなものを想像しますか?自分が子どもだった頃は、直径1メートルくらいの丸いビニールプールが主流で、そのイメージが強くあります。

暑くなってきたし、自宅でも天気のいい休日に子どもと水遊び出来たら楽しそうだなぁと、最近のビニールプールを調べてビックリ!自分が子どもの頃には考えられなかったビニールプールがたくさんありました!

角形プール

13721_01

出典:Amazon

最近は長方形型のプールも多いようです。角がまるいのも安全そうでいいですね。

13721_02

出典:Amazon

ビニールを膨らませるのが面倒な人は、フレームタイプのものもあるようです。

サンシェード・屋根付きプール

13721_03

出典:Amazon

最近は日に焼けすぎると肌に良くないと、子ども用の日焼け止めを推奨されているからでしょうか?

13721_04

出典:Amazon

きのこの屋根が可愛いベビープール♡子どもも喜びそうなデザインです。

スライダー・すべり台つきプール

13721_05

出典:Amazon

ちょっと場所をとりそうですが、子どもが喜びそうなすべり台がついたタイプ。

13721_06

出典:Amazon

すべり台がある分、少しお値段もはりますが、奮発しちゃおうかな?

プレイセンタータイプ

13721_07

出典:Amazon

プールというよりもはやアスレチックでは?!というレベルのプール。すべり台にシャワーなど、楽しい要素がたくさん!

13721_08

出典:Amazon

広いお庭で、お友達を呼んで遊んだら楽しそうですね。

いかがでしたか?

プレーセンタータイプは広い庭がないので無理ですが、すべり台付きの小さいのなら…と考えてしまいます。皆さんはどれがいいと思いますか?

ビニールプールは進化してきましたが、プールで遊ぶ楽しさはきっと変わらないと思います。去年まで子どもに水遊びは経験させたことがなかったので、どんな笑顔をみせてくれるかな?と、夏が楽しみになってきました♪

出典
Amazon

Share Tweet LINE コメント

page
top