grape [グレイプ]

見返りを求めず、そばにいてくれた愛犬 死期を察して作られた映画に涙が止まらない

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

この写真に写っているのはベン・ムーンさんと、彼の相棒の犬、デナーリです。そのふたりの最後のひとときをとらえたショートフィルムが感動の嵐を呼んでいます。

アウトドアで自由な生活を好んだベンさんは、デナーリと一緒に、いろんな所へ旅に出ました。

Ben Moonさん(@ben_moon)が投稿した写真 -


ベンさんがガンを負い、入院することになった時も、デナーリは相棒の病状をわかっていたかのように、ベンのそばにいました。


見返りを求めず、ただそばにいてくれる存在…。様々な出来事が起こった14年間、ベンさんの隣には、デナーリがいました。

でも、ふたりにお別れの時期がやってきます。デナーリが病気になってしまったのです。

Ben Moonさん(@ben_moon)が投稿した写真 -


デナーリがこの世界にいるのも長くないと察したベンさんは、ふたりがよく過ごしたビーチに戻り、ビーチで遊ぶふたりの姿をショートフィルム「Denali」に残すことを決意します。

およそ8分程度の映画は、色飾ることをせず、ふたりきりの時間を過ごす映像や、過去の写真が流れるだけ。ありのままのふたりが切り取られています。

14283_01

出典:Vimeo

本編のナレーションはデナーリの立場から行われ、ベンさんとの最後の時間を振り返ります。

Share Tweet LINE コメント

page
top