grape [グレイプ]

9日、台風13号上陸の恐れ 東北・関東大雨警戒 <2018年8月6日>

By - 日本気象協会 tenki.jp  作成:  更新:

Share Tweet LINE

<2018年8月6日>

山形県では6日明け方に局地的に1時間に100ミリほどの恐怖を感じるような雨が解析され、東北では記録的な大雨になっている所もあります。6日は東北では昼頃まで大雨に警戒してください。関東甲信は夕方以降、お帰りの時間帯を中心に土砂降りの雨になりそうです。

メイン画像

きょうの天気 東北大雨警戒 関東甲信も広範囲で雷雨

東北地方には前線がかかっています。南から暖湿流が流れ込み、前線の活動が活発化しています。このために、東北は6日昼頃まで大雨による土砂災害や河川の氾濫に警戒してください。前線は夜にかけて東北から関東へと南下するでしょう。関東甲信は夕方以降を中心に土砂降りの雨が降りそうです。大気の状態が非常に不安定なため、雷を伴って非常に激しく降る所もありそうです。落雷や突風、ひょうに注意してください。

【雨量 東北地方】
7日午前6時までの24時間に降る雨の量 80ミリ(多い所)

【各地の天気】
沖縄と九州、中国、四国、近畿、東海は高気圧に覆われ晴れるでしょう。午後は山沿いを中心に夕立がある見込みです。北陸は昼過ぎにかけて所々で雨や雷雨でしょう。関東甲信は午前は日の差す所がありますが、昼頃からは次第に雨や雷雨となり、夕方以降は局地的に非常に激しく降る見込みです。東北の太平洋側は断続的に雨で、雷を伴う所があるでしょう。東北の日本海側は昼過ぎにかけて雨や雷雨となりそうです。きのうからの大雨で地盤の緩んでいる所があるため、雨があがった後も、引き続き土砂災害に警戒してください。北海道は日中は広く晴れるでしょう。

きょうの気温 猛暑続く

最高気温は那覇32度、鹿児島、福岡、高知はいずれも35度、広島36度、松江34度、大阪36度、名古屋39度で猛暑が続くでしょう。少しでも体調不良を感じたら、日陰やエアコンの効いた室内など、出来る限り涼しい環境を見つけて移動し、休憩をして無理のないようにしてください。金沢32度、新潟30度、東京35度の予想で、曇りや雨でも気温は高く、かなり蒸し暑く感じられそうです。仙台27度、秋田26度、札幌28度、釧路21度の予想で、東北と北海道は厳しい暑さはなく、少し汗ばむくらいでしょう。

台風13号 今後は?

台風13号は、6日午前6時現在、小笠原近海を発達しながら北上しています。今後も発達しながら6日夜から7日未明に小笠原諸島に最も接近する見込みです。小笠原諸島では強風や高波に注意してください。その後、8日に暴風域を伴い伊豆諸島に接近するおそれがあります。暴風や高波、大雨に警戒・注意してください。8日以降は東日本に接近する恐れがあります。今後の台風情報にご注意下さい。

logo_tenki

tenki.jp

tenki.jpは、日本気象協会が運営する天気予報専門サイトです。ピンポイントな天気予報に加え、専門的な気象情報、地震・津波などの防災情報を提供します。気象予報士が日々更新する日直予報士も人気です 
http://www.tenki.jp/

出典
6日 前線活動活発化 東北・関東大雨警戒

Share Tweet LINE